Microsoft Power Automate Desktop(PAD)アクション、使い方一覧

machine-learning IT

Power Automate Desktopの使い方を機能・分類別に参照できるまとめです。

スポンサーリンク

基本操作、共通概念

DL、インストール、サインイン
自動化処理(フロー、アクション)の作成、削除
サンプルプログラムの参照・編集
変数とインスタンス
UI要素の追加、削除
フローをクリア
エラー発生時の処理の設定

変数

データテーブル

新しいデータテーブルを作成する
行をデータテーブルに挿入する
データテーブル内で検索または置換する
データテーブル項目を更新する
データテーブルから行を削除する

それ以外

数値の切り捨て(切り捨て、小数のみ取得、四捨五入)
乱数の生成(ランダムな変数、リスト)
リストのクリア
リストから項目を削除
一覧の並べ替え(リストのソート)
リストのシャッフル
リストの統合
リストを逆にする(順序の項目を上下反転)
リストから重複する項目を削除
共通リスト項目の検索(2つのリストを比較し、共通する項目のみを含む新しいリストを作る)
リストの内容を減らす(1つ目のリストの項目から、2つ目のリストの項目と一致するものを取り除く)
データテーブル列をリストに取得(Datatableの任意の列内容をリストで取得)
JSONをカスタムオブジェクトに変換
項目をリストに追加(リストに値を追加)
新しいリストの作成
変数を大きくする
変数を小さくする
変数の設定(書き換え、作成)

条件

条件で処理を分ける①(IfElseElse If
条件で処理を分ける②(SwitchCaseDefault Case

ループ

For each(リストなどの項目それぞれに対し指定の処理を繰り返す)
Loop(指定回数処理をループさせる)
ループを抜ける
ループ条件(条件を満たす場合のみループ)

フローコントロール

End(削除したEndを修復)
Wait(処理を待機する)
コメント
フローを停止する
ブロックエラー発生時

ワークステーション

ドキュメントの印刷
既定のプリンターを取得
既定のプリンターを設定
デスクトップを表示(すべてのウィンドウを最小化)
ワークステーションをロック
サウンドの再生
ごみ箱を空にする
スクリーンショットを取得
スクリーンセーバーの制御
画面の解像度を取得
画面の解像度を設定
コンピューターのシャットダウン(電源を落とす、再起動、スリープ、休止)
ユーザーをログオフ

ファイル

ファイルが存在する場合(条件分岐)
ファイルを待機します(ファイルが作成、削除されるまで待機)
ファイルのコピー
ファイルの移動
ファイルの削除
ファイルの名前を変更する
テキストをファイルに書き込みます(テキストファイルの作成、記述)
ファイルパス部分を取得(パスをファイル名、ディレクトリ、拡張子などに分解)

フォルダー

フォルダーが存在する場合
フォルダーの作成
フォルダーの削除
フォルダーを空にする
フォルダーをコピー
フォルダーを移動
フォルダーの名前を変更
特別なフォルダーを取得

圧縮

ZIPファイル(ファイル、フォルダの圧縮)
ファイルの解凍

UIオートメーション

Windows

ウィンドウの取得(ウィンドウおよびその中のUI要素の取得)
ウィンドウにフォーカスする(指定ウィンドウを最前面に表示)
ウィンドウの状態の設定(最大化、最小化、復元)
ウィンドウの表示方法を設定する(表示、非表示)

データ抽出

ウィンドウの詳細を取得する(タイトル、テキスト、座標、プロセス)
ウィンドウにあるUI要素の詳細を取得する

ブラウザー自動化

Webデータ抽出

Webページ上の詳細を取得します
Web上のUI要素の詳細を取得します

それ以外

新しいInternet Explorer/Fire Fox/Chrome/Microsoft Edgeを起動する(ブラウザの立ち上げ、インスタンス化)
既に起動しているブラウザをインスタンス化
Webページのリンクをクリック
Webページの要素にマウスをホバーします
Webブラウザーを閉じる

Excel

詳細

Excelマクロの実行
アクティブなExcelワークシートの取得(アクティブなワークシートの名前、インデックス番号を取得)
すべてのExcelワークシートの取得(指定ファイル内のワークシート名を一括で取得)
Excelワークシートの削除
Excelワークシートの名前を変更
Excelワークシート内のセルをアクティブ化(アクティブセルの変更および変数化)
Excelワークシート内のセルを選択(範囲も可)
選択したセル範囲をExcelワークシートから取得(選択中のセル・範囲を取得、変数化)
Excelワークシートに行・列を挿入

詳細以外

Excelの起動(新規作成、インスタンス化)
実行中のExcelに添付(起動済のExcelをインスタンス化)
Excelワークシートから読み取り(セルの値を取得)
Excelワークシート内のセルをアクティブ化(アクティブセルを取得)
Excelの保存
Excelワークシートに書き込み(セルの値を変更)
Excelを閉じる
アクティブなExcelワークシートの設定(ワークシートを選択、アクティブ化)
新しいワークシートの追加
Excelワークシートから最初の空の列や行を取得する
列の一番下にデータを追加
Excelワークシートの列名を取得する(数字→列番号(アルファベット))

Outlook

Outlookを起動します
Outlookからメールメッセージを取得します
Outlookでメールメッセージを処理します(削除、別のフォルダに移動、未読化)
取得したメールを1件ずつに分解、タイトル、本文などを取得して出力
Outlookを閉じます

メッセージボックス

メッセージを表示(メッセージボックス)
入力ダイアログを表示
メッセージ、ダイアログの押したボタンによって処理を条件分岐する
日付の選択ダイアログを表示
リストから選択ダイアログを表示

マウスとキーボード

入力のブロック(マウス・キーボード操作を不可にする)
マウスの位置を取得
マウスを移動
マウスを画像に移動します
マウスをクリック
キーの送信
キーを押す/離す(Ctrl/Shift/Alt/Windowsキーを押し続ける/離す)

クリップボード

クリップボードテキストを取得
クリップボードテキストを設定
クリップボードの内容をクリア

テキスト

テキストに行を追加(改行)
テキストをパディング(固定長になるまで文字を追加)
テキストのトリミング(先頭、末尾の空白を削除)
テキストを反転
テキストの文字の大きさを変更(日本語不可。大文字・小文字切り替え)
テキストを数値に変換
数値をテキストに変換

日時

加算する日時(日付を進める、遅らせる)
現在の日時を取得

PDF

PDFからテキストを抽出
PDFからテーブルを抽出する
PDFから画像を抽出

CMDセッション

CMDセッションを開く
CMDセッションから読み取る
CMDセッションに書き込む

コメント