Power Automate Desktopで新しいワークシートをExcelファイルに追加する方法

concept IT

新しいワークシートの追加」アクションを使うと、比較的簡単にシートの追加を自動化することが可能です。

スポンサーリンク

新しいワークシートの追加

PowerAutomateDesktop 新しいワークシートの追加1
新しいワークシートの追加は、アクションペインのExcelから追加できます。
PowerAutomateDesktop 新しいワークシートの追加2
追加するとダイアログが表示されます。

Excelインスタンス

PowerAutomateDesktop 新しいワークシートの追加3
シートを追加するExcelファイルはインスタンス化されていないといけないので、起動なり添付なりを先に行う必要があります。
PowerAutomateDesktop 新しいワークシートの追加4
今回はExcelの起動でインスタンス化した新しいExcelファイルを開き、その変数を指定しています。

新しいワークシート名

PowerAutomateDesktop 新しいワークシートの追加5
追加するシートの名前を指定します(変数も使用可能)。既に存在する名前をつけるとエラーになります。

名前をつけてワークシートを追加

PowerAutomateDesktop 新しいワークシートの追加6
シートを先頭に追加するか、最後尾に追加するかを指定できます。
PowerAutomateDesktop 新しいワークシートの追加7
最初のワークシートであれば先頭(一番左)、
PowerAutomateDesktop 新しいワークシートの追加8
最後のワークシートであれば最後尾(一番右)にシートが追加されます。

エラー発生時

PowerAutomateDesktop 新しいワークシートの追加9
クリックするとエラー時の処理を設定できます。
PowerAutomateDesktop 新しいワークシートの追加10
「詳細」では、同じ名前のワークシートが既に存在するシートを追加できない場合の対応を個別に指定できます。
Microsoft Power Automate Desktop(PAD)使い方まとめ
Power Automate Desktopの使い方を機能・分類別に参照できるまとめです。

コメント