Power Automate Desktopの「Excelを閉じる」「Excelの保存」アクションの使い方

folded-g IT

Excelを終了させる「Excelを閉じる」および保存する「Excelの保存」アクションについてです。閉じる時に保存もできるのでセットにしてます。

スポンサーリンク

Excelを閉じる

powerAutomateDesktop excelを閉じる1
Excelを閉じるは、アクションペインのExcelから選択できます。

Excelインスタンスの選択

powerAutomateDesktop excelを閉じる2
作成時に注意が出る通りExcelインスタンス=閉じる対象の指定が必須であり、Excelの起動で開いたExcelをこのアクションで閉じるという形が基本となります。
powerAutomateDesktop excelを閉じる3
Excelインスタンスを指定すると、任意のExcelファイルを閉じることができます。

Excelを閉じる前

powerAutomateDesktop excelを閉じる4
Excelを閉じる前では、保存をするかしないか、名前をつけるかを指定できます。
ドキュメントを保存しないドキュメントを保存名前をつけてドキュメントを保存から選択できます。

Excelの保存

Excelの保存1
Excelの保存も同様にアクションペインのExcelから選択できます。
Excelの保存2
インスタンスを指定することでExcelを保存できます。デフォルトはドキュメントを保存=上書き保存です。

保存モード

Excelの保存3
保存モードでは、ドキュメントを保存または名前をつけてドキュメントを保存を選択できます。

名前をつけてドキュメントを保存

powerAutomateDesktop excelを閉じる5
終了、保存どちらの場合も、名前をつけてドキュメントを保存を選択すると選択項目が増えます。

ドキュメント形式

powerAutomateDesktop excelを閉じる6
開いたExcelをどういった形式で保存するかを選べます。

ドキュメントパス

powerAutomateDesktop excelを閉じる7
ファイルを保存する場所をパスで指定します。
上でxlsxを指定したのにまたxlsxを指定してますが、とりあえずよしとしてください。
powerAutomateDesktop excelを閉じる8
実行すると、指定した場所にExcelファイルが作成されます。

ドキュメント形式とドキュメントパスの拡張子が異なる場合

powerAutomateDesktop excelを閉じる11
形式はxlsxなのにパスはxlsmなど、形式が矛盾する場合、
powerAutomateDesktop excelを閉じる12
エラーとなりフローがクラッシュします。
powerAutomateDesktop excelを閉じる15
形式はtxtでパスはcsvなど、形式が異なるが矛盾しない場合は問題なく動きます。この場合はcsvファイルが作られます。
powerAutomateDesktop excelを閉じる14
その他形式の使い道として、同じ拡張子(txt)でも色々な形式を指定することができます。
powerAutomateDesktop excelを閉じる13
形式のデフォルト値である既定(拡張機能から)を選択している場合は、いずれのパスでもエラーなく動きます。
やりたいことから方法を探すエクセル(Excel)操作・関数・VBA(マクロ)逆引きまとめ
逆引き(やりたいことから探す)Excel記事まとめ
Microsoft Power Automate Desktop(PAD)使い方まとめ
Power Automate Desktopの使い方を機能別に探せるまとめです。……記事数が少なすぎて全然まとめになっていませんが、ぼつぼつ追加していきます。

コメント