Power Automate Desktopの「Excelワークシートから読み取り」の使い方

IT

Excelワークシートから読み取り」では、Excelの指定したセル、範囲の値を取得し、変数として使用することができます。

スポンサーリンク

PowerAutomateDesktop Excelワークシートから読み取り

PowerAutomateDesktop Excelワークシートから読み取り1
PowerAutomateDesktop Excelワークシートから読み取りは、アクションペインのExcelから追加できます。
PowerAutomateDesktop Excelワークシートから読み取り2
追加するとダイアログが表示されます。

Excelインスタンス

PowerAutomateDesktop Excelワークシートから読み取り4
読み取り対象となるExcelを指定します。Excelはあらかじめ、Excelの起動Excelに添付でインスタンス化し、Power Automate Desktopで使用可能な状態にする必要があります。
PowerAutomateDesktop Excelワークシートから読み取り3
今回はExcelを起動しておき、
PowerAutomateDesktop Excelワークシートから読み取り5
添付でそのExcelを選んでインスタンス化しました。
インスタンス化したExcelがひとつしかない場合、PowerAutomateDesktop Excelワークシートから読み取りを追加した時点でExcelインスタンスは自動で選択されます。複数ある場合は任意で選択できます。

取得

PowerAutomateDesktop Excelワークシートから読み取り6
取得対象を、単一セルの値セル範囲の値選択範囲の値ワークシートに含まれる使用可能なすべての値から選択できます。

単一セルの値

PowerAutomateDesktop Excelワークシートから読み取り7
取得したいセルを先頭列先頭行で指定します。
PowerAutomateDesktop Excelワークシートから読み取り8
取得結果をメッセージボックスで表示してみると、
PowerAutomateDesktop Excelワークシートから読み取り9
列、行がそれぞれ2であれば、B2セルの値が表示されます。

セル範囲の値

PowerAutomateDesktop Excelワークシートから読み取り10
取得したい範囲の左上のセルを先頭列先頭行、右下のセルを最終列最終行で指定します。
PowerAutomateDesktop Excelワークシートから読み取り11
取得した変数はDataTable形式で保存されます。

選択範囲の値

PowerAutomateDesktop Excelワークシートから読み取り12
選択しているセル、範囲の値がそのまま取得されます。
PowerAutomateDesktop Excelワークシートから読み取り13
たとえばこの状態で実行すれば、
PowerAutomateDesktop Excelワークシートから読み取り14
選択しているセルの値である「9」が取得されます。

ワークシートに含まれる使用可能なすべての値

PowerAutomateDesktop Excelワークシートから読み取り15
アクティブなシート内にある有効なデータがある範囲がDataTable形式ですべて取得されます。
PowerAutomateDesktop Excelワークシートから読み取り16
普通に実行するとこうなります。
PowerAutomateDesktop Excelワークシートから読み取り17
こんな感じで一部データがなかったり、右下に飛んでるデータがあった場合でも、
PowerAutomateDesktop Excelワークシートから読み取り18
データのあるところまですべて含んだ長方形で取得されます。

詳細

セルの内容をテキストとして取得

PowerAutomateDesktop Excelワークシートから読み取り19
オンにすると、数値や日付などもテキストとして取得されるようになります。

最初の範囲の行に列名が含まれています

PowerAutomateDesktop Excelワークシートから読み取り23
単一セルの値以外で指定できます。見出しがあるかどうかを設定でき、スイッチをオンにすると、
PowerAutomateDesktop Excelワークシートから読み取り24
範囲内の一番上の行はテーブルから除外されます。

生成された変数

PowerAutomateDesktop Excelワークシートから読み取り21
取得されるデータの種類を確認できる他、変数名はクリックで変更可能、{x}で他の変数に値を上書き可能です。
PowerAutomateDesktop Excelワークシートから読み取り22
スイッチをオフにすると変数が生成されなくなります。

エラー発生時

PowerAutomateDesktop Excelワークシートから読み取り25
エラー時の処理を指定できます。
PowerAutomateDesktop Excelワークシートから読み取り26
詳細」ではセルの値を読み取れない場合を指定できます。
Microsoft Power Automate Desktop(PAD)使い方まとめ
Power Automate Desktopの使い方を機能・分類別に参照できるまとめです。

コメント