Power Automate Desktopでデータテーブル列をリストに取得する方法

IT

データテーブル列をリストに取得」では、データテーブル形式の変数の列をまるごとリスト化することができます。

スポンサーリンク

データテーブル列をリストに取得

PowerAutomateDesktop データテーブル列をリストに取得1
データテーブル列をリストに取得は、アクションペインの変数から追加できます。
PowerAutomateDesktop データテーブル列をリストに取得2
追加するとダイアログが表示されます。

前準備(データテーブルとは)

PowerAutomateDesktop データテーブル列をリストに取得3
データテーブルとは図のような列と行を持つデータの固まりを指します。
PowerAutomateDesktop データテーブル列をリストに取得4
データテーブルをPAD上で作成・取得するにはいくつか方法がありますが、たとえばエクセルのシートをそのまま取得すると、
PowerAutomateDesktop データテーブル列をリストに取得6
フロー変数に行と列を持つ変数が取得され、
PowerAutomateDesktop データテーブル列をリストに取得5
ダブルクリックして中身を見ると、Datatable形式で変数が保存されていることが確認できます。

データテーブル

PowerAutomateDesktop データテーブル列をリストに取得7
データテーブル形式の変数を指定するか、直接値を指定します。

列名またはインデックス

PowerAutomateDesktop データテーブル列をリストに取得8
データテーブルの取得する列を指定します。
PowerAutomateDesktop データテーブル列をリストに取得9
インデックスはテーブルの左から0、1、2と振られ、0で一番左の列を取得となります。
PowerAutomateDesktop データテーブル列をリストに取得10
見出しを見出しとして取得していれば、列名で取得する列を指定することもできます。

生成された変数

PowerAutomateDesktop データテーブル列をリストに取得11
変数名はクリックで変更可能、{x}で他の変数に値を上書きできます。
PowerAutomateDesktop データテーブル列をリストに取得12
スイッチをオフにすると、変数が生成されなくなります。

エラー発生時

PowerAutomateDesktop データテーブル列をリストに取得13
エラー時の処理を指定できます。
PowerAutomateDesktop データテーブル列をリストに取得14
「詳細」では、列名が存在しないインデックスが範囲外の場合を個別に指定できます。
Microsoft Power Automate Desktop(PAD)使い方まとめ
Power Automate Desktopの使い方を機能・分類別に参照できるまとめです。

コメント