Power Automate DesktopでPDFからテキストを抽出する方法

IT

PDFからテキストを抽出」では、PDFからテキストを読み取り、変数化することができます。

スポンサーリンク

PDFからテキストを抽出

PowerAutomateDesktop PDFからテキストを抽出1
PDFからテキストを抽出は、アクションペインのPDFから追加できます。
PowerAutomateDesktop PDFからテキストを抽出2
追加するとダイアログが表示されます。

PDFファイル

PowerAutomateDesktop PDFからテキストを抽出4
テキストを読み取るPDFファイルを指定します。
ファイルの選択アイコンから直接ファイルを選択すると、
PowerAutomateDesktop PDFからテキストを抽出5
パスが入力されます。パスは直接書いてもいいし、パスの一部に{x}から変数を使用することもできます。

抽出するページ

PowerAutomateDesktop PDFからテキストを抽出6
PDFのうち、抽出するページ範囲を指定できます。
すべてでは全ページが対象となり、
PowerAutomateDesktop PDFからテキストを抽出7
単一では単一ページ番号で読み取るページを指定、
PowerAutomateDesktop PDFからテキストを抽出8
範囲では開始ページ番号終了ページ番号で読み取る範囲を指定することができます。

パスワード

PowerAutomateDesktop PDFからテキストを抽出9
詳細の中にあります。PDFにパスワードがかかっている場合、ここに入力して解除できます。

生成された変数

PowerAutomateDesktop PDFからテキストを抽出10
変数には読み取ったテキストの内容が格納されます。
変数名をクリックして変更、{x}から他の変数に値を上書きすることができます。
PowerAutomateDesktop PDFからテキストを抽出11
スイッチをオフにすると変数が生成されなくなります。

エラー発生時

PowerAutomateDesktop PDFからテキストを抽出12
左下のエラー発生時から、
PowerAutomateDesktop PDFからテキストを抽出13
エラーが起きた時の処理を設定することができます。
詳細では、PDFが存在しない、パスワードが無効、テキストを抽出できない場合の対処を個別に指定できます。

実行例

PowerAutomateDesktop PDFからテキストを抽出3
こういったPDFがあるとして、実際読んでみると、
PowerAutomateDesktop PDFからテキストを抽出14
こんな具合で取得することが可能です。
Microsoft Power Automate Desktop(PAD)使い方まとめ
Power Automate Desktopの使い方を機能・分類別に参照できるまとめです。

コメント