IT

スポンサーリンク
IT

Power Automate Desktopで既定の(今使っている)プリンター名を取得する方法

既定のプリンターを取得アクションを使うことで、デフォルトに設定されているプリンターを取得できます。
IT

Power Automate Desktopでフロー内にコメント・注釈をつける方法

「コメント」アクションはその名の通り、フロー内に適宜説明をつけるための機能です。
IT

Unity C#で接触する複数のコライダーの中から条件に合うものだけ処理を実行する方法

コライダーがたくさん接触している時に、特定の数値が一番高いオブジェクトだけを取得したいとか、そういうことをするTipsです。
IT

Power Automate Desktopでマウス・キーボードの操作をできなくする・解除する方法/入力のブロックの使い方

「入力のブロック」アクションを使うと、スイッチがONの間はユーザーによるマウス・キーボード操作を一切受け付けなくすることができます。 言うまでもなくこの状態で無限ループなどに入ると電源落とすしかなくなるので、変なところで実行しないよう重々...
IT

Excel VBA(マクロ)で行・列を削除する方法/Deleteメソッドの使い方

セルを削除するDeleteメソッドは、同様に行や列を削除するのにも使えます。 行・列の場合は間を詰める方向は一定となります。
IT

Power Automate DesktopにおけるUI要素の追加・削除方法

「UI要素」とは、アプリケーションやWebサービスの画面上のパーツのことです。User Interfaceを構成する要素です。 PADの自動化では、ローカルのアプリケーションやブラウザ上のUI要素を取得することで、「ボタンを押す」「チェッ...
IT

Excel(エクセル)で行・列を削除する方法

Excelの行・列削除方法です。行・列を削除するとそこに何もなくなるので、削除した分間が詰められます。 行・列はそのままで乗ってるデータだけ消したい場合は、「削除」コマンドなどの代わりにDeleteを押してください。
IT

Excel VBA(マクロ)で行・列を挿入する方法/Insertメソッドの使い方

Insertメソッドを使った行・列の挿入方法です。 要するに何かしらの動線で行や列を選択し、Insertをくっつければ選択した分の幅の行/列が挿入されます。
IT

Excel VBA(マクロ)で行の高さ・列幅を取得・変更する方法/RowHeight、RowWidth他の使い方

VBAで行の高さや列の幅を取得・変更する方法です。前提となる行・列の取得についてはRows、Columnsの記事で解説しています。
IT

Power Automate Desktopの「変数の設定」アクションの使い方

変数の設定を使うと、新しく変数を作ったり、既存の変数を書き換えることが可能です。