Power Automate Desktopの「テキストをパディング」の使い方

kids IT

paddingはcssなどでも使う要素で、元々は隙間にものを詰めるような動作のことを言います。「テキストをパディング」の場合、元のテキストに文字を追加することで固定した長さの文字列にすることができます。

スポンサーリンク

テキストをパディング

PowerAutomateDesktop テキストをパディング1
テキストをパディングはアクションペインのテキストから追加できます。
PowerAutomateDesktop テキストをパディング2
追加するとダイアログが表示されます。

パディングするテキスト

PowerAutomateDesktop テキストをパディング3
元になる文章を指定します。空でも保存可能です。直接入力するか、
PowerAutomateDesktop テキストをパディング4
{x}をクリックして、任意の変数を選択します。

パディング

PowerAutomateDesktop テキストをパディング5
追加する文字を元の文章の左に追加するか、右に追加するかを選択できます。

パディングするテキスト(2回目)

PowerAutomateDesktop テキストをパディング6
追加する文字列を指定できます。
パディングするテキストふたつの合計した文字数が合計長より短い場合、指定した長さに達するまで繰り返し文字が追加されます。

合計長

PowerAutomateDesktop テキストをパディング7
文字はこの数値に達するまで追加されます。

実行例

PowerAutomateDesktop テキストをパディング8
例①。元のテキストabcdeに対し、「1」を合計長が10になるまで左に追加します。
PowerAutomateDesktop テキストをパディング9
結果をメッセージボックスで出力すると、図のようになります。
PowerAutomateDesktop テキストをパディング10
例②。パディングするテキストふたつの合計が合計長より長い場合です。
PowerAutomateDesktop テキストをパディング11
その場合、追加するテキストの後ろ部分がカットされ、合計長に合う長さに縮小されます。
PowerAutomateDesktop テキストをパディング12
右に付けても同じ。
PowerAutomateDesktop テキストをパディング13
例③。元になるテキストが合計長より長い場合です。
PowerAutomateDesktop テキストをパディング14
この場合、元の文字列がそのまま使用されます。合計長より長い状態となり、文字は追加されません。

生成された変数

PowerAutomateDesktop テキストをパディング15
変数名と意味の確認の他、変数名をクリックすれば名前の変更が行え、{x}で他の変数を指定すればその変数の値に上書き(代入)することができます。
PowerAutomateDesktop テキストをパディング16
スイッチをオフにすると、変数が生成されなくなります。
Microsoft Power Automate Desktop(PAD)使い方まとめ
Power Automate Desktopの使い方を機能・分類別に参照できるまとめです。

コメント