Power Automate Desktopのフローを強制終了する、フローを停止する方法

IT

フローを停止する」アクションを使うと、実行時点でフローを終わらせることができます。エラー表示させることも可能です。

※そういう話ではなく、画面がフリーズしたので強制終了したいとかであれば、Ctrl+Alt+Deleteでタスクマネージャーを開き、「アプリ」からPower Automate Desktopを選択してタスクの終了をクリックします。
MacであればCommand+Option+Escで強制終了できます。

スポンサーリンク

フローを停止する

PowerAutomateDesktop フローを停止する1
フローを停止するはアクションペインのフローコントロールから追加できます。
PowerAutomateDesktop フローを停止する2
追加するとダイアログが表示されます。

フローの終了

PowerAutomateDesktop フローを停止する3
フローの終了では成功エラーメッセージの表示が選択できます。

成功

成功
その後の処理が全てキャンセルされ、処理が正常終了します。

エラーメッセージの表示

PowerAutomateDesktop フローを停止する4
停止時に表示するエラーメッセージを指定できます。変数も使用可能です。
PowerAutomateDesktop フローを停止する5
実行すると同様にフローが終了し、PAD画面下部にエラーメッセージが表示されます。
Microsoft Power Automate Desktop(PAD)使い方まとめ
Power Automate Desktopの使い方を機能・分類別に参照できるまとめです。

コメント