Power Automate DesktopでExcelファイルの全てのワークシート名をリストで取得する方法

IT

すべてのExcelワークシートの取得」を実行すると、指定したExcelファイルにあるワークシート名を一括で取得することができます。

スポンサーリンク

すべてのExcelワークシートの取得

PowerAutomateDesktop すべてのExcelワークシートの取得1
すべてのExcelワークシートの取得は、アクションペインのExcel詳細から追加できます。
PowerAutomateDesktop すべてのExcelワークシートの取得2
追加するとダイアログが表示されます。

Excelインスタンス

PowerAutomateDesktop すべてのExcelワークシートの取得3
ワークシートの取得を行うには、まず対象のExcelシートがインスタンス化されている必要があります。
ここではExcelの起動でファイルを起動し、インスタンス化しています。
PowerAutomateDesktop すべてのExcelワークシートの取得4
Excelインスタンスでシート名を取得したいファイルを指定します。すべてのExcelワークシートの取得を追加した時点でExcelインスタンスがひとつしかない場合、自動で選択されます。
PowerAutomateDesktop すべてのExcelワークシートの取得5
インスタンスだけ指定して実行し、メッセージボックスで取得内容を代入した変数(デフォルトでSheetNames)を表示すると、
PowerAutomateDesktop すべてのExcelワークシートの取得6
ファイル内にあるワークシートが全部表示されます。
PowerAutomateDesktop すべてのExcelワークシートの取得11
なお、取得されるのはワークシートのみで、グラフシート名は取得されません。
アクティブなExcelワークシートの取得」だと、ひとつずつしか取得できませんがグラフシート名も取得可能です。

生成された変数

PowerAutomateDesktop すべてのExcelワークシートの取得7
変数名をクリックして変更できる他、{x}から他の変数にリストを代入することも可能です。
PowerAutomateDesktop すべてのExcelワークシートの取得8
スイッチをオフにすると、変数が生成されなくなります。

エラー発生時

PowerAutomateDesktop すべてのExcelワークシートの取得9
左下のエラー発生時では、うまく動作できなかった場合の処理を設定できます。
PowerAutomateDesktop すべてのExcelワークシートの取得10
「詳細」では、すべてのワークシートを取得できなかった場合を指定できます。

関連記事

Microsoft Power Automate Desktop(PAD)使い方まとめ
Power Automate Desktopの使い方を機能・分類別に参照できるまとめです。

コメント