Power Automate DesktopでEndを削除した場合の対処法/Endアクションの使い方

IT

フローコントロールにあるEndアクションの使い方についてです。

スポンサーリンク

End

PowerAutomateDesktop end1
Endはアクションペインのフローコントロールから追加できます。
PowerAutomateDesktop end2
特にダイアログは表示されず設置できますが、
PowerAutomateDesktop end3
End単体では機能しません。

Endの使い方(削除したEndの修復方法)

PowerAutomateDesktop end4
Endは修復用のアクションです。
Ifなどの条件アクション、Loopなどの周回アクションは最初からEndがセットになっていますが、
PowerAutomateDesktop end5
このセットのEndだけを削除することが可能で、
PowerAutomateDesktop end6
その場合どこまでが条件に含まれるのか、どこまでループすればいいのかが不明なため、エラーとなります。
PowerAutomateDesktop end7
誤ってEndを削除してしまった場合でも、Endアクションを使えばいちいち作り直す必要がなく、
PowerAutomateDesktop end8
元の状態に戻すことができます。
Microsoft Power Automate Desktop(PAD)使い方まとめ
Power Automate Desktopの使い方を機能・分類別に参照できるまとめです。

コメント