Power Automate Desktopで処理を指定秒数待機させる方法/Waitの使い方

street IT

Wait」アクションを使うと、処理を指定秒数待機させることができます。

スポンサーリンク

Wait

PowerAutomateDesktop wait1
Waitはアクションペインのフローコントロールから追加できます。
PowerAutomateDesktop wait2
追加するとダイアログが表示されます。

期間

PowerAutomateDesktop wait3
待機する秒数を指定して保存します。
PowerAutomateDesktop wait4
存在する場合、{x}を押して変数で指定することも可能です。
wait
実行すると、Waitで指定秒処理を停止した後、次の処理が実行されます。
Microsoft Power Automate Desktop(PAD)使い方まとめ
Power Automate Desktopの使い方を機能・分類別に参照できるまとめです。

コメント