Power Automate Desktopでフォルダーを削除する方法

IT

フォルダーの削除」を使うと、指定したフォルダーおよびその中身を削除できます。
試したところゴミ箱に移動ではなく、完全に削除されます(間違ったフォルダーを削除しても元に戻せません)。

スポンサーリンク

フォルダーの削除

PowerAutomateDesktop フォルダーの削除1
フォルダーの削除は、アクションペインのフォルダーから追加できます。
PowerAutomateDesktop フォルダーの削除2
追加するとダイアログが表示されます。

削除するフォルダー

PowerAutomateDesktop フォルダーの削除3
削除するフォルダーを指定します。フォルダアイコンをクリックすると、PC内の場所とフォルダを直接指定できます。
PowerAutomateDesktop フォルダーの削除4
既にフォルダーがインスタンス化されていれば、{x}から変数名で指定することもできます。

エラー発生時

PowerAutomateDesktop フォルダーの削除 エラー1
左下のエラー発生時をクリックすることで、
PowerAutomateDesktop フォルダーの削除 エラー2
エラー発生時の処理を記述することができます。
詳細」ではフォルダーが存在しない、フォルダーを削除できない場合の処理を個別に指定できます。
Microsoft Power Automate Desktop(PAD)使い方まとめ
Power Automate Desktopの使い方を機能・分類別に参照できるまとめです。

コメント