Power Automate Desktopで自動化処理(フロー)を追加、保存、削除する方法

chatbot IT

初回起動からフローを作成し、保存し、削除してみます。
Power Automate Desktopにおけるフローとは、ファイルを開く→書く→閉じるといった一連の流れのことです。ひとつひとつの処理はアクションと呼ばれます。

スポンサーリンク

フローの作成

power automate desktop 新しいフロー1
Power Automate Desktopを起動すると、コンソールが表示されます。画面は何もフローがない状態です。
フローを作成するをクリックすると、
power automate desktop 新しいフロー2
作るフローの名前を訊かれるので、好きな名前をつけて作成をクリックします。名前は後でも変更できます。
power automate desktop 新しいフロー3
コンソールに作ったフローが追加されます。

フローデザイナーの起動

power automate desktop 新しいフロー4
フローを新規作成すると、自動的にフローデザイナーが開きます。
コンソールでは作ったフローの管理、フローデザイナーでは具体的なフローの内容の編集が行えます。
power automate desktop 新しいフロー20
作成済みのフローを編集したい場合は、コンソールで編集をクリックするか、フロー名をダブルクリックすることでフローデザイナーを開くことができます。

アクションの追加

power automate desktop 新しいフロー5
何かアクションを実行してみましょう。
なんでもいいんですが、今回はExcel内にあるExcelの起動を追加してみます。画面中央部にドラッグ&ドロップすることで、アクションをフローに追加できます。
power automate desktop 新しいフロー6
Excelの起動ダイアログが開きます。今回は何も設定を変更せず、そのまま保存を押します。
power automate desktop 新しいフロー13
アクションが追加されます。同様に、画面左から選んで持ってくることでさまざまなアクションをフロー内に追加していくことで、一連の流れ(フロー)を自動化することができます。
フローは上から順番に実行され、最後の命令を実行すると終了します。
※繰り返しなど上に戻る命令もある
power automate desktop 新しいフロー14
ドラッグで実行順序を入れ替えることもできます。

アクションの削除

power automate desktop 新しいフロー15
アクションを削除するには選択した状態でDeleteを押すか、右のその他のアクションをクリックし、
power automate desktop 新しいフロー16
削除をクリックします。その他のアクションは右クリックでも開くことができ、順序入れ替え、コピペなどを行うこともできます。

フローの実行

power automate desktop 新しいフロー7
フローを実行するには、画面上部の実行を押します。
power automate desktop 新しいフロー8
フローに登録したアクションが順番に実行されます。

コンソールから実行

power automate desktop 新しいフロー21
フローはコンソールから実行を押すことでも実行できます。
この場合、実行されるのは保存済みのアクションとなります。未保存の内容は実行されません。

フローの保存

power automate desktop 新しいフロー9
フローを上書き保存するには、画面上部の保存をクリックするか、ファイル保存をクリックします。
power automate desktop 新しいフロー10
ファイルからは名前を付けて保存をすることもできます。
power automate desktop 新しいフロー11
好きな名前を付けて保存をクリックすれば、
power automate desktop 新しいフロー12
コンソールに名前を変えたフローが追加されます。
power automate desktop 新しいフロー19
フローを削除するには、コンソールでフローを選択した状態でDeleteを押すか、フロー名右のその他のアクションをクリックし、
power automate desktop 新しいフロー17
削除をクリックします。その他のアクションは右クリックでも開けます。
power automate desktop 新しいフロー18
警告ダイアログではいを押せばフローが削除されます。
Microsoft Power Automate Desktop(PAD)使い方まとめ
Power Automate Desktopの使い方を機能別に探せるまとめです。……記事数が少なすぎて全然まとめになっていませんが、ぼつぼつ追加していきます。

コメント