Power Automate Desktopで二つのリストの重複項目を取得する方法/「共通リスト項目の検索」の使い方

poster IT

共通リスト項目の検索」アクションでは、複数のリストで共通する項目のみを含んだ新しいリストを作成できます。

スポンサーリンク

共通リスト項目の検索

PowerAutomateDesktop 共通リスト項目の検索
共通リスト項目の検索は、アクションペインの変数から追加できます。
PowerAutomateDesktop 共通リスト項目の検索2
追加するとダイアログが表示されます。

最初のリスト/2番目のリスト

PowerAutomateDesktop 共通リスト項目の検索3
重複項目を検索したいふたつのリストを指定します。
直接記入するか、{x}を押して該当リストを選択します。

生成された変数

PowerAutomateDesktop 共通リスト項目の検索4
重複項目が代入される変数です。名前を変更できる他、{x}を押して既存の変数にリストを代入することもできます。
PowerAutomateDesktop 共通リスト項目の検索5
スイッチをオフにすると、変数が生成されなくなります。

実行例

PowerAutomateDesktop 共通リスト項目の検索6
リスト「List」には1,2を、「List2」には2,3を追加します。その後ListとList2で共通リスト項目の検索を行い、最後にその結果をメッセージボックスで表示します。
PowerAutomateDesktop 共通リスト項目の検索7
実行すると、ListとList2で共通の項目である「2」が表示されます。

関連記事

Microsoft Power Automate Desktop(PAD)使い方まとめ
Power Automate Desktopの使い方を機能・分類別に参照できるまとめです。

コメント