Power Automate Desktop

スポンサーリンク
IT

Power Automate Desktopでブラウザ(Chrome、Edge等)を起動、インスタンス化する方法

Power Automate Desktopでは標準でInternet Explorer、Fire Fox、Chrome、Microsoft Edgeに対応しており、アクションを追加することでブラウザを起動することができます。 ブラウザを...
IT

Power Automate DesktopでExcelのマクロ(VBA)を実行する方法

PAD経由でExcelマクロを実行する方法です。
IT

Power Automate Desktopで選択範囲・アクティブセルを変更、変数化する方法

Power Automate DesktopからExcelのセルを選択する場合、「Excelワークシート内のセルを選択」でセルや範囲を選択します。 用途によっては「Excelワークシート内のセルをアクティブ化」のほうが適していることもある...
IT

Power Automate Desktopの「Excelワークシートに書き込み」アクションの使い方

開いたExcelに対し、実際に何か書き込むことができるのが「Excelワークシートに書き込み」アクションです。 Excelワークシートに書き込み 前提としてExcelの起動を行い、Excelを開いているものとします。 ...
IT

Microsoft Power Automate Desktop(PAD)使い方まとめ

Power Automate Desktopの使い方を機能別に探せるまとめです。……記事数が少なすぎて全然まとめになっていませんが、ぼつぼつ追加していきます。
IT

Power Automate Desktopの「Excelを閉じる」「Excelの保存」アクションの使い方

Excelを終了させる「Excelを閉じる」および保存する「Excelの保存」アクションについてです。閉じる時に保存もできるのでセットにしてます。
IT

Power Automate Desktopの変数、インスタンスとは

Power Automate Desktopでアクションを追加すると、変数というパラメータがついていたり、インスタンスを指定したりすることができます。これらは一体なんなのかという話です。
IT

Power Automate Desktopの「Excelの起動」アクションの使い方

Power Automate Desktopで「Excelの起動」アクションを実行するとファイルを立ち上げることができますが、その際に色々と設定を付与することができます(公式)。
IT

Power Automate Desktopで自動化処理(フロー)を追加、保存、削除する方法

初回起動からフローを作成し、保存し、削除してみます。 Power Automate Desktopにおけるフローとは、ファイルを開く→書く→閉じるといった一連の流れのことです。ひとつひとつの処理はアクションと呼ばれます。
IT

Power Automate Desktopをインストール、サインインする方法

Power Automate DesktopのDL、インストールなど最初にすることまとめです。 ※記事内の動線、文言は変更される可能性があります。