Power Automate Desktopでワークシートを削除する方法

tealights IT

Excelワークシートを削除」アクションを使うと、名前ないしはインデックス番号で指定したワークシートを削除することができます。

スポンサーリンク

Excelワークシートを削除

PowerAutomateDesktop Excelワークシートを削除1
Excelワークシートを削除は、アクションペインのExcel詳細から追加できます。
PowerAutomateDesktop Excelワークシートを削除2
追加するとダイアログが表示されます。

Excelインスタンス

PowerAutomateDesktop Excelワークシートを削除3
ワークシートを削除するには、シートのあるExcelファイルがインスタンス化されている必要があります。
Excelファイルのインスタンス化はExcelの起動実行中のExcelに添付から行えます。
PowerAutomateDesktop Excelワークシートを削除4
インスタンス化されたExcelがひとつしかない場合、Excelワークシートを削除を追加した時点で自動で選択されます。複数ある場合は任意に選択できます。

次と共にワークシートを削除

PowerAutomateDesktop Excelワークシートを削除5
名前またはインデックスを指定します。
PowerAutomateDesktop Excelワークシートを削除6
この左から4番目にあるシートの場合、名前はSheet2となります。
インデックス番号は左から1、2、3…と振られるので、普通は4なんですが、グラフシートは除外されます。よってグラフ1を無視し、その次から1、2、3となるので、Sheet2のインデックス番号は3です。

ワークシート名

PowerAutomateDesktop Excelワークシートを削除7
次と共にワークシートを削除名前の時に指定できます。
シート名をそのまま入力するか、変数で指定します。
PowerAutomateDesktop Excelワークシートを削除8
実行すると、指定したシートが削除されることが確認できます。

ワークシートインデックス

PowerAutomateDesktop Excelワークシートを削除9
次と共にワークシートを削除名前の時に指定できます。
グラフシートは除外されるので、インデックス番号が3のシートを削除すると、
PowerAutomateDesktop Excelワークシートを削除10
この場合Sheet1の右にあったシートが削除された格好になります。

エラー発生時

PowerAutomateDesktop Excelワークシートを削除11
左下のエラー発生時をクリックすることで、
PowerAutomateDesktop Excelワークシートを削除12
エラーが起きた時の処理を記述できます。「詳細」ではワークシートが見つからないワークシートが削除できない場合を指定できます。
Microsoft Power Automate Desktop(PAD)使い方まとめ
Power Automate Desktopの使い方を機能・分類別に参照できるまとめです。

コメント