Power Automate Desktopでメッセージボックスを表示する方法

stickies IT

メッセージを表示」アクションを使うことで、PAD上にメッセージボックスを表示させることができます。

スポンサーリンク

メッセージを表示

PowerAutomateDesktop メッセージを表示1
メッセージを表示」は、アクションペインのメッセージボックスから追加できます。
PowerAutomateDesktop メッセージを表示2
追加すると設定ダイアログが開きます。
PowerAutomateDesktop メッセージを表示6
特に何も設定しないで、そのまま保存しても動きます。

メッセージボックスのタイトル

PowerAutomateDesktop メッセージを表示3
メッセージ上部に表示されるタイトルを指定できます。

表示するメッセージ

PowerAutomateDesktop メッセージを表示4
メッセージ本文を入力できます。
PowerAutomateDesktop メッセージを表示5
タイトルと本文を入力した状態です。
PowerAutomateDesktop メッセージを表示7
タイトル・本文はそれぞれ、右の{x}をクリックして変数を埋め込むことができます。

メッセージボックスアイコン

PowerAutomateDesktop メッセージを表示8
メッセージと一緒にアイコンを表示させることができます。いいえだと何も表示されません。
PowerAutomateDesktop メッセージを表示9
用意されているアイコンは情報
PowerAutomateDesktop メッセージを表示10
質問
PowerAutomateDesktop メッセージを表示11
警告
PowerAutomateDesktop メッセージを表示12
エラーです。警告とエラーの時は音が鳴ります。

メッセージボックスボタン

PowerAutomateDesktop メッセージを表示13
メッセージボックスで押せるボタンを規定できます。
PowerAutomateDesktop メッセージを表示14
たとえば「はい」「いいえ」「キャンセル」だとこういった表示になります。
PowerAutomateDesktop メッセージを表示15
押したボタンの文章は変数として保存されます。ボタンによって処理を振り分けるには、たとえばIf条件を使って変数ButtonPressed「はい」の時はAの処理、「いいえ」の時はBの処理、というように分岐させます。
Power Automate Desktopで「OK」「キャンセル」等メッセージやダイアログの押したボタンによって条件分岐する方法
メッセージボックス、入力ダイアログなどでボタンを押した時、押したボタンによってその後の処理を振り分ける方法です。条件にIfを使用していますが、Switchでも支障ないです。 下記では「いいえ」や「キャンセル」にも処理を割り当てていますが、...

既定のボタン

PowerAutomateDesktop メッセージを表示16
選択項目のうち、最初から青枠で強調されているボタン、Enterを押すと自動的に選択されるボタンを指定できます。
PowerAutomateDesktop メッセージを表示17
たとえば最初のボタンを指定するとこうなるし、
PowerAutomateDesktop メッセージを表示18
2番目のボタンを指定するとこうなります。

メッセージボックスを常に手前に表示する

pad メッセージボックス1
チェックを付けると、メッセージボックスが常に最前面に表示されるようになります。

メッセージボックスを自動的に閉じる

pad メッセージボックス2
チェックを付けると、タイムアウトで指定した秒数後にメッセージボックスが自動的に閉じるようになります。
pad メッセージボックス3
何も押さないでタイムアウトした場合、既定のボタンが押された扱いとなります。

生成された変数

pad メッセージボックス4
変数の説明が確認できる他、チェックを外すことで余計な変数を生成させないことも可能です。

エラー発生時

pad メッセージボックス5
左下のエラー発生時をクリックすることで、
pad メッセージボックス6
処理が実行できなかった場合の対処が設定できます(具体的な設定方法はエラー発生時参照)。
pad メッセージボックス7
詳細では「メッセージボックスを表示できない」「非インタラクティブモードでメッセージボックスを表示できない」場合を指定できます。
Microsoft Power Automate Desktop(PAD)使い方まとめ
Power Automate Desktopの使い方を機能・分類別に参照できるまとめです。

コメント