Power Automate Desktopで圧縮ファイルを解凍する方法

IT

ファイルの解凍」アクションでは、zipなどの圧縮されたファイルを解凍し、中身を指定フォルダに展開することができます。

スポンサーリンク

ファイルの解凍

PowerAutomateDesktop ファイルの解凍1
テスト用に圧縮ファイルを用意しました。
PowerAutomateDesktop ファイルの解凍2
ファイルの解凍は、アクションペインの圧縮から追加できます。
PowerAutomateDesktop ファイルの解凍3
追加するとダイアログが表示されます。

アーカイブパス

PowerAutomateDesktop ファイルの解凍4
解凍するファイルのパスを指定します。ファイルの選択アイコンから直接選択できる他、{x}でパスの一部に変数を使用することも可能です。

宛先フォルダー

PowerAutomateDesktop ファイルの解凍5
解凍したファイルの中身を展開する場所を指定できます。
同様にフォルダーの選択アイコンで直接指定が可能、{x}で変数を使用できます。
PowerAutomateDesktop ファイルの解凍12
実際に実行してみると、
PowerAutomateDesktop ファイルの解凍13
指定箇所に指定した圧縮ファイルの中身が展開されることが確認できます。
PowerAutomateDesktop ファイルの解凍14
ちなみにzip以外の形式、たとえばrarも解凍可能です。

パスワード

PowerAutomateDesktop ファイルの解凍6
ファイルの圧縮時に設定したパスワードを指定できます。パスワードが設定されてない場合は無指定でOKです。
PowerAutomateDesktop ファイルの解凍7
左のボタンで、ダイレクトパスワード変数としてのパスワードを切り替え可能です。

包含マスク

PowerAutomateDesktop ファイルの解凍8
展開するファイルに含めたいファイル名を指定できます。正規表現も使用可能、;で複数指定可能です。
PowerAutomateDesktop ファイルの解凍15
例として特定のファイル名だけ指定してみると、
PowerAutomateDesktop ファイルの解凍16
包含マスクに含まれないファイルは解凍されないことが確認できます。

除外マスク

PowerAutomateDesktop ファイルの解凍9
同様に、展開するファイルに含めたくないファイル名を指定できます。

エラー発生時

PowerAutomateDesktop ファイルの解凍10
左下のエラー発生時から、
PowerAutomateDesktop ファイルの解凍11
エラーが起きた時の対処を指定できます。
詳細」では個別に宛先フォルダが作れない、指定ファイルが見付からない、有効なzipファイルではない、ファイルを解凍できない場合を指定できます。
Microsoft Power Automate Desktop(PAD)使い方まとめ
Power Automate Desktopの使い方を機能・分類別に参照できるまとめです。

コメント