Power Automate Desktopでファイルをコピーする方法

christmas-g IT

「ファイルのコピー」を使うことで、ファイルの複製を自動化することが可能です。

スポンサーリンク

ファイルのコピー

pad ファイルのコピー1
ファイルのコピーは、アクションペインのファイル内から追加できます。
pad ファイルのコピー2
追加すると、ファイルのコピーダイアログが開きます。

コピーするファイル

pad ファイルのコピー4
コピーするファイルで、コピー元のファイルを選択できます。
直接パスを打ち込んでもいいですし、
pad ファイルのコピー3
ファイルの選択をクリックして、
pad ファイルのコピー5
目的のファイルを直接選択すれば、
pad ファイルのコピー6
ファイルを指定した状態になります。
pad ファイルのコピー7
フォルダーの選択をクリックすると、
pad ファイルのコピー8
「ファイルの選択」と同じような感じですが、フォルダ単位で選択できます。
pad ファイルのコピー9
フォルダのコピーはできないのでこのまま実行するとエラーになりますが、その代わり対象のファイルがまだ存在しない場合などでも使用できます。
PowerAutomateDesktop ファイルのコピー7
パスには{x}から変数も使用できます。たとえばフォルダ名の後にファイル名の名称部分だけ変数で指定し、フォルダ名\%NewVar%.txtのようにすれば、変数NewVarの値が1なら1.txt、2なら2.txtがコピーされます。

宛先フォルダー

pad ファイルのコピー10
宛先フォルダーで、フォルダの選択を行うことで、
pad ファイルのコピー11
コピーしたファイルをどこに置きたいかを選択できます。

ファイルが存在する場合

pad ファイルのコピー12
既に同じファイルが存在する場合の挙動を、「何もしない」または「上書き」から選択できます。
ファイル(1)、ファイル(2)……と名前を変えて増やす、といったことはデフォルトではできません。

生成された変数

pad ファイルのコピー13
ファイルのコピーを行いました。
pad ファイルのコピー14
変数が付与され、インスタンス化されるのは複製された(新しく作られた)ファイルとなります。
pad ファイルのコピー15
仮にこのインスタンスの名前を変更した場合、
pad ファイルのコピー16
ペーストされたファイルの名前が変更されます。

エラー発生時

pad ファイルのコピー17
エラー発生時をクリックすると、
pad ファイルのコピー18
処理が実行できなかった場合の対処が設定できます。詳しくはエラー発生時のほうで解説してます。
pad ファイルのコピー19
詳細をクリックすると、「ソースフォルダーが存在しない」「宛先フォルダーが存在しない」「ファイルが見つからない」「ファイルがコピーできない」場合の対処が個別に指定できます。
Microsoft Power Automate Desktop(PAD)使い方まとめ
Power Automate Desktopの使い方を機能・分類別に参照できるまとめです。

コメント