Power Automate Desktopでクリップボードテキストを取得する方法

clipboard IT

クリップボードテキストを取得」では、クリップボードのもっとも新しいテキスト(ペーストすると使用されるテキスト)を取得することができます。

スポンサーリンク

クリップボードテキストを取得

PowerAutomateDesktop クリップボードテキストを取得1
クリップボードテキストを取得は、アクションペインのクリップボードから追加できます。
PowerAutomateDesktop クリップボードテキストを取得2
追加するとダイアログが表示されます。

クリップボードテキストとは

PowerAutomateDesktop クリップボードテキストを取得3
コピーしたテキストや画像はクリップボードという一時保管所に蓄積されていきます(画像はExcelのクリップボード)。
PowerAutomateDesktop クリップボードテキストを取得4
コピーをしたばかりのテキストはクリップボードでもっとも新しい場所に置かれ、ペーストではクリップボードの最も新しいデータが使用されます。
クリップボードテキストを取得で得られるのも最新のクリップボードのデータです。
(直前に画像をコピーなどしている場合は、テキストではないので何も取得できません)

生成された変数

PowerAutomateDesktop クリップボードテキストを取得5
変数名はクリックして変更でき、{x}から他の変数に値を上書きすることも可能です。
PowerAutomateDesktop クリップボードテキストを取得6
スイッチをオフにすると変数が生成されなくなります。

エラー発生時

PowerAutomateDesktop クリップボードテキストを取得7
左下のエラー発生時では、エラーが起きた時の対応を指定できます。
PowerAutomateDesktop クリップボードテキストを取得8
詳細」では、クリップボードの内容を取得できない場合を指定できます。
Microsoft Power Automate Desktop(PAD)使い方まとめ
Power Automate Desktopの使い方を機能・分類別に参照できるまとめです。

コメント