Power Automate Desktopでフォルダーを新規作成する方法

IT

フォルダーの作成」アクションでは、新しいフォルダーをPC/サーバ上に作成することができます。

スポンサーリンク

フォルダーの作成

PowerAutomateDesktop フォルダーの作成1
フォルダーの作成は、アクションペインのフォルダーから追加できます。
PowerAutomateDesktop フォルダーの作成2
追加するとダイアログが表示されます。

新しいフォルダーを次の場所に作成

PowerAutomateDesktop フォルダーの作成3
フォルダーを作る場所を指定できます。フォルダーアイコンをクリックして直接階層を指定するか、{x}をクリックして変数を指定(変数がある場合のみ表示)するか、
PowerAutomateDesktop フォルダーの作成4
または直接階層を入力/コピペします。

新しいフォルダー名

PowerAutomateDesktop フォルダーの作成5
作成するフォルダーの名前をつけます。変数があれば{x}から使用可能です。

生成された変数

PowerAutomateDesktop フォルダーの作成6
変数の説明が読める他、変数名をクリックすれば変数名の変更、{x}をクリックすれば既存の変数に値を上書きすることができます。
PowerAutomateDesktop フォルダーの作成7
スイッチをオフにすれば、変数が生成されなくなります。

実行例

PowerAutomateDesktop フォルダーの作成6
例としてデスクトップにフォルダを作ってみます。
PowerAutomateDesktop フォルダーの作成5
実行するとフォルダが作成されます。
PowerAutomateDesktop フォルダーの作成7
もう一度同じ命令を実行(=同名のフォルダが存在する)した場合、何も起きません。
複数のフォルダを作りたい場合、それぞれの名前は固有である必要があります。

エラー発生時

PowerAutomateDesktop フォルダーの作成8
左下のエラー発生時をクリックすると、
PowerAutomateDesktop フォルダーの作成9
エラー時の処理を設定できます。
詳細」では、(新しいフォルダーを入れるための)フォルダーが存在しないフォルダーが作れない新しいフォルダーのパスと名前が空の場合を指定できます。
Microsoft Power Automate Desktop(PAD)使い方まとめ
Power Automate Desktopの使い方を機能・分類別に参照できるまとめです。

コメント