Power Automate Desktopの「Excelワークシートの列名を取得する」の使い方

abc IT

Excelワークシートの列名を取得する」を使うと、数字を列番号(アルファベット)に変換できます。できることはそれだけです。

スポンサーリンク

Excelワークシートの列名を取得する

PowerAutomateDesktop Excelワークシートの列名を取得する1
Excelワークシートの列名を取得するは、アクションペインのExcelから追加できます。
PowerAutomateDesktop Excelワークシートの列名を取得する2
追加するとダイアログが表示されます。Excelインスタンスの指定は不要です。

列番号

PowerAutomateDesktop Excelワークシートの列名を取得する3
列番号とはExcelのこれのことで、左から1番目ならA、2番目ならBとアルファベットが割り当てられています。
PowerAutomateDesktop Excelワークシートの列名を取得する4
よって列番号に数字を入れると、
PowerAutomateDesktop Excelワークシートの列名を取得する5
対応する列番号(アルファベット)が返されます。整数以外はエラーになります。

生成された変数

PowerAutomateDesktop Excelワークシートの列名を取得する6
変数名はクリックして変更が可能、{x}から他の変数に値を上書きが可能です。
PowerAutomateDesktop Excelワークシートの列名を取得する7
スイッチをオフにすると変数が生成されなくなります。
Microsoft Power Automate Desktop(PAD)使い方まとめ
Power Automate Desktopの使い方を機能・分類別に参照できるまとめです。

コメント