2021-11

スポンサーリンク
IT

Unity C#でドラッグで画面を動かす、スライド・スクロールさせる方法

イベントトリガーを使ったドラッグ操作で画面をスライド、スクロールさせる方法です。ちょっとよくわかってない部分もあり、自己記録気味で書いてますが、どなたかの参考になれば幸いです。
IT

Power Automate Desktopでブラウザ(Chrome、Edge等)を起動、インスタンス化する方法

Power Automate Desktopでは標準でInternet Explorer、Fire Fox、Chrome、Microsoft Edgeに対応しており、アクションを追加することでブラウザを起動することができます。 ブラウザを...
IT

Excel VBA(マクロ)で図形の線の表示・非表示を切り替える方法/Visibleプロパティの使い方

図形の線の表示・非表示を切り替えるVisibleプロパティの解説です。ShapeオブジェクトまたはShapeRangeコレクションで動作します。
IT

Power Automate DesktopでExcelのマクロ(VBA)を実行する方法

PAD経由でExcelマクロを実行する方法です。
IT

Unity C#で小数点を切り上げ、切り下げ、偶数丸めする方法/Mathf.Ceil、Floor、Roundの使い方

Mathf並びの命令を使うことで、Unityの値の小数点を切り上げ、切り捨て、偶数丸めすることができます。 最後にfがついていることから察せられる通り、float値(浮動小数点型)にのみ使うことができます(値がdoubleなどだとエラーが...
IT

Excel VBA(マクロ)で図形の枠線を点線にする方法と種類/DashStyleプロパティの使い方

図形の線に対しDashStyleを指定することで、図形の線の種類を任意の点線に変更することができます。
IT

Unityのイベントトリガー(Drag)でドラッグ中にイベントを起こす方法

イベントトリガーでDragを指定することで、ドラッグ操作時にイベントを起こすことができます。
IT

Excel VBA(マクロ)でテキストボックスを作成する方法/AddTextBoxメソッドの使い方

テキストボックスは図形の一種で、文字通りテキストを表示させることに特化したオブジェクトです。 テキストボックスを作成すると、同時にShapeオブジェクトを返します。
IT

Power Automate Desktopで選択範囲・アクティブセルを変更、変数化する方法

Power Automate DesktopからExcelのセルを選択する場合、「Excelワークシート内のセルを選択」でセルや範囲を選択します。 用途によっては「Excelワークシート内のセルをアクティブ化」のほうが適していることもある...
IT

Unity C#でランダムな値(乱数)を得る方法/Random.value、Random.Rangeの使い方

Unityでランダムな数字を求める方法です。Random.valueでは0~1の乱数、Random.Rangeでは最小値~最大値の間の乱数を得ることができます。