Power Automate DesktopでWebページ上のUI要素にマウスホバー時の挙動をさせる方法

IT

「Webページの要素にマウスをホバーします」アクションで、ブラウザ上のUI要素にホバー時の挙動をさせる方法です。マウスカーソルが実際に移動するわけではないので注意。
マウスホバー時にプルダウンメニューが開くなど、主にホバーが導線上必須な場合に使うアクションとなります。

スポンサーリンク

Webページの要素にマウスをホバー

pad webページの要素にマウスをホバー1
Webページの要素にマウスをホバーしますは、アクションペインのブラウザー自動化から追加できます。
pad webページの要素にマウスをホバー2
追加するとダイアログが表示されます。

Webブラウザーインスタンス

pad webページの要素にマウスをホバー3
実行対象のブラウザを変数名で指定します。指定するには、あらかじめブラウザを立ち上げておく必要があります。

UI要素

pad webページの要素にマウスをホバー4
ホバーさせるUI要素を指定します。
要素の追加についてはUI要素の記事をご参照ください。
PowerAutomateDesktop UI ホバー1
インスタンスとUI要素を指定して実行すると、
pad ui hover
対象のブラウザが開き、図のようにUI要素が一瞬選黄色くなります。これがマウスをホバーさせたタイミングということになります。

エラー発生時

PowerAutomateDesktop UI ホバー2
左下のエラー発生時をクリックして、
PowerAutomateDesktop UI ホバー3
エラー発生時の処理を設定することができます。
詳細」はホバーできなかった場合のみ指定できます。
Microsoft Power Automate Desktop(PAD)使い方まとめ
Power Automate Desktopの使い方を機能・分類別に参照できるまとめです。

コメント