Excelエクセルで広い・大きい範囲をひとまとめに選択する方法/Shiftキーの使い方

grapes IT

行や列単位ではなく、範囲で選択したい……けどそれが1000とか10000とかあると、つまんだままドラッグするのも一苦労です。
そこで使えるのが、Shiftキーを使った一括選択の方法です。

Advertisements

一括選択の方法

wideselect1

広い範囲を一括で選択したい時、ひたすらドラッグで下方向へ移動するのは、範囲を間違えたり行き過ぎたりするリスクがあります(そして指が疲れます)



wideselect2

そういうときは、まず選択したい範囲の一番左上をクリックします。



wideselect3

次に選択したい範囲の一番右下まで移動して、Shiftを押しながらクリックすると、左上~右下までの範囲が一括選択されます

もし四角形の外側のセルもまとめて選択したい場合

範囲を選択した状態から、さらにCtrlを押しながら選択することで四角形以外の形でもまとめて選択することが可能です。

wideselect4

Ctrlを押しながら範囲を選択することで、自由な形状で範囲を選択できる


上の例だと、A1をクリック→Shiftを押しながらQ1743をクリック→Shiftを離してCtrlを押しながらQ1744から1755までドラッグ、というような具合で作っています。
ShiftとCtrlをずっと押し続けている必要はなく、「クリックで一括選択したい瞬間」Shift「既に範囲が選択された状態でさらに範囲を選択している間」Ctrlが押されていればOKです。

その他のショートカット

もしキー操作のみで完結したい場合は、Ctrl+Shift+ 方向キーを使ったやり方もご参照ください。
また、CtrlAでセルを全選択することが可能です。

やりたいことから方法を探すエクセルExcel操作・関数・VBA(マクロ)逆引きまとめ
逆引き(やりたいことから探す)Excel記事まとめ
関数・演算子・メソッド・プロパティ名から探すExcel/VBA(マクロ)使い方・組み合わせ方まとめ
こちらはExcelやメソッドの諸機能を、機能の名称から探せるまとめ記事です。

コメント