Power Automate Desktopでドキュメントを印刷する方法

IT

「ドキュメントの印刷」では、ファイルを既定のプリンタから印刷することができます。
シンプルな分、できることも少ないです。

スポンサーリンク

ドキュメントの印刷

pad ドキュメントの印刷1
ドキュメントの印刷はアクションペインのワークステーションから選択できます。
pad ドキュメントの印刷2
追加するとダイアログが表示されますが、設定できるのは見ての通り、ファイルパスとエラー時対応だけです。

ファイルの指定

pad ドキュメントの印刷3
ファイルの選択をクリックし、
pad ドキュメントの印刷4
任意のファイルを選択して開くをクリックすれば、
pad ドキュメントの印刷5
パスが入力されます。直接パスを記述してもOKです。
pad ドキュメントの印刷6
実行すれば、指定したファイルが既定のプリンタで印刷されます。

パスに変数を使用

pad ドキュメントの印刷7
変数が使用できる状態にあれば、{x}から変数をパスに使用することもできます。
ドキュメントの印刷6
たとえばファイルの名前部分だけを変数に差し替えれば、変数の内容を変えていくことでアクセスするファイルを変えてくことができます。

エラー発生時

pad ドキュメントの印刷8
左下のエラー発生時をクリックすると、
pad ドキュメントの印刷9
印刷できない時のエラー処理を記述できます(詳しくはエラー発生時参照)。
pad ドキュメントの印刷10
詳細」では、「ドキュメントが見付からない」「アクセスできない」「印刷できない」場合のエラー処理を個別に設定できます。
Microsoft Power Automate Desktop(PAD)使い方まとめ
Power Automate Desktopの使い方を機能別に探せるまとめです。

コメント