Power Automate Desktopでファイル・フォルダをZIPファイルに圧縮する方法

baggage IT

ZIPファイル」アクションを使うと、ファイルやフォルダを圧縮することができます。

スポンサーリンク

ZIPファイル

PowerAutomateDesktop zipファイル1
ZIPファイルは、アクションペインの圧縮から追加できます。
PowerAutomateDesktop zipファイル2
追加するとダイアログが表示されます。

アーカイブパス

PowerAutomateDesktop zipファイル3
作成する(または上書きする)ZIPファイルのパス、つまり置く場所と名称を指定できます。入力必須です。
PowerAutomateDesktop zipファイル4
ファイルアイコンをクリックすると任意のファイルを選択できるので、
PowerAutomateDesktop zipファイル5
目的地のファイルを取得し、
PowerAutomateDesktop zipファイル6
名前と拡張子を書き換える(.zipにする)、といった使い方ができます。直接入力したり、{x}から変数を使用することもできます。

圧縮するファイル

PowerAutomateDesktop zipファイル7
圧縮したいファイルを指定できます。ファイルアイコンからファイル単位で選択、
PowerAutomateDesktop zipファイル8
フォルダアイコンからフォルダ単位で指定できます。直接入力、変数の仕様も可です。
PowerAutomateDesktop zipファイル9
ファイルは複数選択することもできます。
PowerAutomateDesktop zipファイル10
とりあえず上のふたつだけ設定して実行すると、
PowerAutomateDesktop zipファイル11
指定した場所にzipファイルが作成されることが確認できます。

圧縮レベル

PowerAutomateDesktop zipファイル12
圧縮率を設定できます。圧縮率が高いほどサイズは小さくなり、作成およびアクセスに時間がかかるようになります。
PowerAutomateDesktop zipファイル13
なしの場合、サイズ的にはほぼ元のままとなります。

パスワード

PowerAutomateDesktop zipファイル14
zipファイルを解凍する時に入力するパスワードを設定できます。
PowerAutomateDesktop zipファイル15
二種類ありますが、直接パスワードを入力するならダイレクトパスワードの入力、変数をパスワードに使うなら変数としてのパスワード入力を選んでおけばよいかと思います。
PowerAutomateDesktop zipファイル17
パスワードを設定したzipファイルを開こうとすると、パスワード入力画面が表示されます。正解しないとファイルは解凍できません。

アーカイブコメント

PowerAutomateDesktop zipファイル19
zipファイルにコメントを追加できます。普通に圧縮、解凍する分には気にしないでいい部分です。

生成された変数

PowerAutomateDesktop zipファイル20
変数名はクリックして変更できます。{x}から別の変数を選択し、値を上書きすることも可能です。
PowerAutomateDesktop zipファイル21
スイッチをオフにすると、変数を生成させない設定にすることができます。

エラー発生時

PowerAutomateDesktop zipファイル22
左下のエラー発生時をクリックすると、エラーが起きた時の処理を設定できます。
PowerAutomateDesktop zipファイル23
詳細」では、ファイルやフォルダが存在しない、ファイルやフォルダの名前が無効、アーカイブは存在するが有効なzipアーカイブではない、圧縮できない場合を指定できます。
Microsoft Power Automate Desktop(PAD)使い方まとめ
Power Automate Desktopの使い方を機能・分類別に参照できるまとめです。

コメント