PowerAutomateDesktopでワークシートを選択、変更する方法

woman IT

アクティブなExcelワークシートの設定」アクションでは、指定したExcelファイルの指定したワークシートをアクティブにすることができます。グラフシートは対象とできない点に注意してください。

スポンサーリンク

アクティブなExcelワークシートの設定

PowerAutomateDesktop アクティブなExcelワークシートの設定1
アクティブなExcelワークシートの設定は、アクションペインのExcelから追加できます。
PowerAutomateDesktop アクティブなExcelワークシートの設定2
追加するとダイアログが表示されます。

Excelインスタンス

PowerAutomateDesktop アクティブなExcelワークシートの設定3
シートを選択するには、まず対象となるExcelファイルがインスタンス化されている必要があります。
PowerAutomateDesktop アクティブなExcelワークシートの設定4
今回は指定したファイルを起動し、Excelの起動で生成した変数をExcelインスタンスに指定します。

次と共にワークシートをアクティブ化

PowerAutomateDesktop アクティブなExcelワークシートの設定5
選択するシートを名前またはインデックスで指定できます。

ワークシート名

PowerAutomateDesktop アクティブなExcelワークシートの設定6
次と共にワークシートをアクティブ化名前の時に表示されます。
選択するワークシートを名前で指定します。
PowerAutomateDesktop アクティブなExcelワークシートの設定7
この状態で実行すると、
PowerAutomateDesktop アクティブなExcelワークシートの設定8
対象のファイルが、指定した名前のワークシートをアクティブにした状態で起動します。

ワークシートインデックス

PowerAutomateDesktop アクティブなExcelワークシートの設定9
次と共にワークシートをアクティブ化インデックスの時に表示されます。
インデックス番号はシートを左から1,2,3と数えた並び順の番号です。このアクションの場合、グラフシートは数えません。
PowerAutomateDesktop アクティブなExcelワークシートの設定10
インデックス番号3で実行すると、
PowerAutomateDesktop アクティブなExcelワークシートの設定11
グラフシートを無視して、左から3番目のワークシートが選択されます。

エラー発生時

PowerAutomateDesktop アクティブなExcelワークシートの設定12
左下のエラー発生時をクリックすると、
PowerAutomateDesktop アクティブなExcelワークシートの設定13
エラーが起きた時の処理を設定できます。
詳細」ではワークシートが見付からないアクティブ化できない場合の処理を個別に指定できます。
Microsoft Power Automate Desktop(PAD)使い方まとめ
Power Automate Desktopの使い方を機能・分類別に参照できるまとめです。

コメント