Power Automate Desktopのリストの項目の順序を逆にする方法

animals IT

リストを逆にする」アクションを使うと、リストの順序を逆さまにすることができます。

スポンサーリンク

リストを逆にする

PowerAutomateDesktop リストを逆にする1
リストを逆にするは、アクションペインの変数から追加できます。
PowerAutomateDesktop リストを逆にする5
追加するとダイアログが表示されます。

逆にするリスト

PowerAutomateDesktop リストを逆にする2
逆にするリストで、{x}から対象のリストの変数名を選ぶか、直接リスト名を入力します。

実行例

PowerAutomateDesktop リストを逆にする3
リストを作成し、「1」「2」の順で項目を追加してからリストの順序を逆にして、メッセージボックスで結果を出力してみます。
PowerAutomateDesktop リストを逆にする4
実行結果です。

関連記事

Microsoft Power Automate Desktop(PAD)使い方まとめ
Power Automate Desktopの使い方を機能・分類別に参照できるまとめです。

コメント