Solendで資産をデポジットする、サプライ(Supply)する方法

oats-ga IT

Solendでは資産をレンディングすることが可能ですが、そのためにはまず担保となる資産をデポジット(預け入れ)する必要があります。
SolendのデポジットはSupplyと表現されます。資産をSupplyすると、それ自体である程度の年利が発生します。

スポンサーリンク

Supply手順

solend supply1
Solendに入ってウォレットをつなぎ、Dashboardをクリックします。
solend supply2
色々と仮想通貨が表示されます。
solend supply3
Supplyした時の年利はSupply APRで確認できます。
solend supply4
Supply APRは固定ではなく、時間経過でどんどん変化します。
solend supply5
デポジットしたい通貨をクリックします(今回はUSDC)。ダイアログが開いた時点で、Supplyが選択されています。
solend supply6
金額を入力し、Supplyボタンを押します。
solend supply7
ウォレット側でトランザクションを承認します。ガス代として小額のSOLが必要となります。
solend supply8
成功するとこんな感じの画面が出ます。
solend supply9
さきほどのダイアログで、ウォレットの資金が減り、指定金額-手数料がSuppliedされていることが確認できます。
solend supply10
Supplyしている資産は、ダッシュボード右側のAssets suppliedでも確認できます。
solen
しばらく待つと、金利によりSuppliedの金額が上昇していることが確認できます。

注意事項

total1
図のようにTotal SupplyとTotal Borrowがほぼ同じ数値の場合、資産を預けるとしばらく引き出せなくなると思ったほうがいいです。
total2
自分が預けた通貨を誰かが既に借りて使っている状態になるので、動かせなくなります。

関連記事

仮想通貨・クリプト・Defi・Dex・投資等関連記事一覧
クリプト・投資・経済関連用語 AMA ATH FOMC FOMO FR FUD IDO WP カウンターパーティーリスク クリプト コラテラル 資金調達率 ステーブルコイン スマートコントラクト セリクラ ピ...

コメント