PowerAutomateDesktopで画面を最大化・最小化・復元する方法/ウィンドウの状態の設定の使い方

IT

ウィンドウの状態の設定」では、特定のウィンドウを最大化・最小化・元のサイズに戻す(復元)ことができます。

スポンサーリンク

ウィンドウの状態の設定

PowerAutomateDesktop ウィンドウの状態の設定1
ウィンドウの状態の設定は、アクションペインのUIオートメーションWindowsから追加できます。
PowerAutomateDesktop ウィンドウの状態の設定2
追加するとダイアログが表示されます。

ウィンドウの検索モード

PowerAutomateDesktop ウィンドウの状態の設定3
指定するウィンドウをどうやって検索するかを、ウィンドウのUI要素ごと、ウィンドウのインスタンス/ハンドルごと、タイトルやクラスごとから指定できます。

ウィンドウ

PowerAutomateDesktop ウィンドウの状態の設定4
ウィンドウの検索モードウィンドウのUI要素ごとの時に表示されます。
UI要素でウィンドウ(の要素)を指定します。ウィンドウだけでなく、ウィンドウの中の特定の要素の表示を変更することも可能です。
PowerAutomateDesktop ウィンドウの状態の設定5
ウィンドウ単位で指定したい時は、ウィンドウ全体をUI要素にすると無難です(UI要素の取得)。

ウィンドウインスタンス

PowerAutomateDesktop ウィンドウの状態の設定7
ウィンドウの検索モードウィンドウのインスタンス/ハンドルごとの時に表示されます。
ウィンドウをインスタンスまたはハンドルで識別します。
PowerAutomateDesktop ウィンドウの状態の設定8
ウィンドウのインスタンス化は、ウィンドウの取得などで行うことができます。

ウィンドウタイトル

PowerAutomateDesktop ウィンドウの状態の設定9
ウィンドウの検索モードタイトルやクラスごとの時に表示されます。
ウィンドウのタイトルを直接指定できます。
PowerAutomateDesktop ウィンドウの状態の設定10
下矢印から今開いているウィンドウ名を表示できるので、
PowerAutomateDesktop ウィンドウの状態の設定11
そこにあれば選択することでも入力できます。

ウィンドウクラス

PowerAutomateDesktop ウィンドウの状態の設定12
同じく、ウィンドウの検索モードタイトルやクラスごとの時に表示されます。
ウィンドウのクラスを直接指定したり、一覧から選択できます。同じタイトルのウィンドウが複数ある場合などに有用です。
PowerAutomateDesktop ウィンドウの状態の設定13
どれがなんのクラスなのかよくわからない場合は、クラスの選択からUIの選択同様の操作を行い、
PowerAutomateDesktop ウィンドウの状態の設定14
選択したウィンドウのクラスを自動入力させることも可能です。

ウィンドウの状態

PowerAutomateDesktop ウィンドウの状態の設定6
画面サイズを最大化最小化、元のサイズに戻す(復元済み)から選択できます。

エラー発生時

PowerAutomateDesktop ウィンドウの状態の設定15
エラー発生時をクリックすると、
PowerAutomateDesktop ウィンドウの状態の設定16
エラー時の処理を設定できます。詳細では、ウィンドウが見つからない、状態を設定できない、非インタラクティブモードでウィンドウ関連のアクションを実行できない場合の対応を個別に指定できます。
Microsoft Power Automate Desktop(PAD)使い方まとめ
Power Automate Desktopの使い方を機能・分類別に参照できるまとめです。

コメント