Power Automate Desktopで文章に改行を入れる方法/「テキストに行を追加」アクションの使い方

IT

テキストに行を追加」を入れると、文章や変数の間に改行を入れたり、文章の下の行に新しい文章を繋げたりすることができます。

スポンサーリンク

テキストに行を追加

PowerAutomateDesktop 行を追加2
テキストに行を追加は、アクションペインのテキストから追加できます。
PowerAutomateDesktop 行を追加3
追加するとダイアログが表示されます。

元のテキスト

PowerAutomateDesktop 行を追加4
改行される側、上に来るテキストを指定します。直接入力してもいいですし、
PowerAutomateDesktop 行を追加1
何かしらテキストが既にあれば(ここでは例のために変数の設定でテキストを入れた変数を作成)、
PowerAutomateDesktop 行を追加5
{x}から変数名でテキストを指定することもできます。

追加するテキスト

PowerAutomateDesktop 行を追加6
改行して下に来る、追加するテキストを指定します。同様に直接入力するか、変数で指定します。
PowerAutomateDesktop 行を追加7
この状態でメッセージボックスに表示してみると、
PowerAutomateDesktop 行を追加8
元のテキストの下に追加するテキストが改行して追加され、ひとつの変数にまとまっていることが確認できます。

追加するテキストを空欄にする=改行だけする

PowerAutomateDesktop 行を追加12
追加するテキストは、空欄でもエラーになりません。
PowerAutomateDesktop 行を追加11
そのまま使用すれば、「改行」として機能します。

生成された変数

PowerAutomateDesktop 行を追加9
生成された変数では、作られる変数の名前を変えたり、{x}を押して既存の変数に値を代入することができます。
たとえばこの場合New Varを指定してやれば、「あいうえお(改行)かきくけこ」をNew Varに代入して上書きすることができます。
PowerAutomateDesktop 行を追加10
スイッチをオフにすることで、変数を生成させないこともできます。
Microsoft Power Automate Desktop(PAD)使い方まとめ
Power Automate Desktopの使い方を機能・分類別に参照できるまとめです。

コメント