PowerAutomateDesktopの「webページ上の要素の詳細を取得します」アクションの使い方

child IT

webページ上の要素の詳細を取得します」は文字通り、webページ上の要素についての詳細を取得できるアクションです。

スポンサーリンク

webページ上の要素の詳細を取得

PowerAutomateDesktop webページ上の要素の詳細を取得します1
webページ上の要素の詳細を取得しますは、アクションペインのブラウザー自動化Webデータ抽出から追加できます。
PowerAutomateDesktop webページ上の要素の詳細を取得します2
追加するとダイアログが表示されます。

Webブラウザーインスタンス

PowerAutomateDesktop webページ上の要素の詳細を取得します3
Webデータの要素を取得するには、予めブラウザを開いてインスタンス化しておく必要があります。
使えるインスタンスがひとつしかなければ自動で選択されます。
PowerAutomateDesktop webページ上の要素の詳細を取得します4
複数のブラウザインスタンスがある場合、任意のインスタンスを選択します。

UI要素

PowerAutomateDesktop webページ上の要素の詳細を取得します5
開いたブラウザのうち、詳細を取得したい要素を追加・選択します。
UI要素の追加については別記事参照。

属性名

PowerAutomateDesktop webページ上の要素の詳細を取得します6
抽出する要素の詳細の属性(種類)を選びます。
PowerAutomateDesktop webページ上の要素の詳細を取得します7
Own Textは、要素のテキストをそのまま取得できます。
PowerAutomateDesktop webページ上の要素の詳細を取得します13
Titleは、要素のTitleタグの内容を取得します。
PowerAutomateDesktop webページ上の要素の詳細を取得します11
Source Linkは、画像(IMGタグ)src属性(表示する画像のURLなど)を取得できます。
PowerAutomateDesktop webページ上の要素の詳細を取得します12
HRefは、Aタグリンク先(href)を取得します。
PowerAutomateDesktop webページ上の要素の詳細を取得します10
Existsは、要素が存在するかどうかをtrue/falseで取得できます。

生成された変数

pad 要素の詳細1
生成された変数からは、変数の名前を変更したり、{x}をクリックして既存の変数に値を代入する設定にすることができます。
pad 要素の詳細2
スイッチをオフにすることで、変数を生成させないことも可能です。

エラー発生時

pad 要素の詳細3
左下のエラー発生時をクリックすると、
pad 要素の詳細4
エラーが起きた時の対処を記述できます。
詳細」ではWebページのUI要素の属性を取得できなかった場合のみ指定できます。
Microsoft Power Automate Desktop(PAD)使い方まとめ
Power Automate Desktopの使い方を機能・分類別に参照できるまとめです。

コメント