Power Automate Desktopの「Excelワークシートに書き込み」アクションの使い方

notes IT

開いたExcelに対し、実際に何か書き込むことができるのが「Excelワークシートに書き込み」アクションです。

スポンサーリンク

Excelワークシートに書き込み

excel ワークシートに書き込み1
Excelワークシートに書き込みは、アクションペインのExcelから選択できます。
excel ワークシートに書き込み2
ワークスペースに追加すると、デフォルトでこういった状態で編集画面が開きます。

Excelインスタンス

excel ワークシートに書き込み3
ExcelインスタンスではどのExcelファイルに書き込むのかを指定できます。
Excelの起動でBook1を開いていたとして、その際に生成された変数を指定することでBook1に書き込む指定をすることができます。
(「生成された変数」は「Excelの起動」編集画面の最下部にあります)

書き込む値

excel ワークシートに書き込み5
実際にセルに入力したい値を指定して、保存して実行すれば、。
excel ワークシートに書き込み9
Excelに指定した文字列が入力されます。書き込むセルの位置などは後述。

関数を入力

excel ワークシートに書き込み11
関数も通常通り書けばOKです。=Sum(1,2,3)と書けば、
excel ワークシートに書き込み12
開いたセルで関数が実行され、計算結果が表示されます。

書き込みモード

excel ワークシートに書き込み7
書き込み先として、指定したセル上または現在のアクティブなセル上を選択できます。
新規ファイルのアクティブセルはA1となります。

列/行

excel ワークシートに書き込み6
セルを列番号、行番号で指定できます。列2、行2ならB2セルになります。
excel ワークシートに書き込み10
列番号はアルファベットで指定してもOKです。
excel ワークシートに書き込み8
なお、列、行は書き込み先が現在のアクティブなセル上の時は表示されません。
やりたいことから方法を探すエクセル(Excel)操作・関数・VBA(マクロ)逆引きまとめ
逆引き(やりたいことから探す)Excel記事まとめ
Microsoft Power Automate Desktop(PAD)使い方まとめ
Power Automate Desktopの使い方を機能別に探せるまとめです。……記事数が少なすぎて全然まとめになっていませんが、ぼつぼつ追加していきます。

コメント