Excel

スポンサーリンク
IT

Excel VBA(マクロ)で指定セル・選択範囲に名前を定義する方法/Nameプロパティの使い方

オブジェクトのNameプロパティに名前を付けると名前を定義することができます。 ここではRangeオブジェクトに名前を付けて、指定範囲のセルの名前を定義する方法を解説します。
IT

Excelでブック内の画像を一括で画像ファイル(PNG)化する方法

ブックをHTMLとして出力するという裏技で、ブック内の画像をすべてまとめてPNG化することが可能です。
IT

Excelの重なったフォームコントロールの上下関係を変更する、前面・背面に移動する方法

excel内のオブジェクトが重なった場合、どちらを上に表示するかを設定することができます。 ここではフォームコントロールの場合を解説します。
IT

Excel(エクセル)のスクロールバー(フォームコントロール)の使い方

スクロールバーでは、バーの目盛りを移動させることで対応したセルの数値を上下させることができます。
IT

Excel(エクセル)でオプションボタンの反映を複数のセルに分ける方法/グループボックスの使い方

オプションボタンでアンケートなどを作る場合、項目ごとに値を反映させるセルを分けたいところですが、初期状態ではすべてのオプションボタンでリンクしたセルは共有されてしまいます。 グループボックスでオプションボタンを区別することで、リンクしたセ...
IT

Excel(エクセル)のオプションボタン(フォームコントロール)の使い方

オプションボタンはチェックボックスと似ていますが、デフォルトではクリックでオンオフできないなど、いくつか使用感に差があります。
IT

Excel(エクセル)のリストボックス(フォームコントロール)の使い方

リストボックスでは、データをリストとして一覧表示し、その中から必要な項目を選択・参照することができます。
IT

Power Automate Desktopで新しいワークシートをExcelファイルに追加する方法

「新しいワークシートの追加」アクションを使うと、比較的簡単にシートの追加を自動化することが可能です。
IT

Power Automate Desktopの「Excelワークシートから読み取り」の使い方

「Excelワークシートから読み取り」では、Excelの指定したセル、範囲の値を取得し、変数として使用することができます。
IT

Power Automate Desktopでアクティブセルを取得する方法/「Excelワークシート内のセルをアクティブ化」の使い方

詳細ではないほうの「Excelワークシート内のセルをアクティブ化」を使うと、Excelのアクティブセルを取得することができます。英語版だと「Get active cell on Excel worksheet」なんですが、「Get acti...