Excel(エクセル):入力(基本、応用、トラブルシューティング)

apple IT

Excelの入力操作全般Tipsです。入力とだけ言うと幅広過ぎるので、罫線とか小文字とか、ある程度まとまった情報があるものに関しては外のまとめとし、リンクを貼っています。
入力時にありがちなトラブルに関してもここで解説します。

Advertisements

入力操作

基本

enter1
入力の一番基本的なやりかたとしては、まずExcelの入力したいセルを選択します。
Excelはひとつのファイル(ブック)の中に複数のワークシート(ページ)を持ち、ワークシートは升目上のセルで構成されます。
enter2
入力したい内容をキーボードで打ち、
enter3
Spaceでカタカナや漢字など変換して、
enter4
Enterで入力内容を確定します。
このへんは日本語入力全般そうですが、まとめて変換するとうまく変換できない場合は、小分けに変換する必要があります。
enter5
計算に使う数値は半角数字で入力します。
参照式、関数を使う場合は、最初に=を置きます。たとえば=A1とすると、
enter6
同じワークシートのA1セルを参照して、同じ内容を表示します。
enter7
関数は決まった書式を持ちます。Sum関数は足し算をする関数で、=Sumの後に足したい数値やセル番号を指定します。=Sum(A1:A3)は、A1~A3を合計するという意味です。
enter8
実行結果です。関数についてはまとめ記事があるので、そちらもご参照ください。

改行

ひとつのセル内で改行したい場合は、Alt+Enter(Windows)で可能です。
その他改行した文字をすべて表示したり、セル内で折り返して表示したり、関数で改行を削除したりする方法についての記事です。
入力範囲をあらかじめ設定しておき、端まで来たら改行して入力を進めていく、といったこともできます。
データ入力系の仕事をしているなら、覚えておいて損はないです。

オートコンプリート

以前に入力したデータから勝手に入力内容を予想するオートコンプリートの使い方、回避方法です。
ついでに同列内の内容を選択して入力するショートカットについても書いています。

文字変換

コピー・オートフィル・連番

その他入力

文字以外の入力

トラブルシューティング

やりたいことから方法を探すエクセルExcel操作・関数・VBA(マクロ)逆引きまとめ
逆引き(やりたいことから探す)Excel記事まとめ

コメント