Excel(エクセル)でテキストボックスを作る・編集する・削除する方法

IT

テキストボックスとは、図形と同じようにセルを無視した好きなサイズで作れる文字を入力するためのオブジェクトのことです。横書き・縦書きどちらにも対応しています。

スポンサーリンク

テキストボックスの作成

textbox1
テキストボックスを作るには、挿入タブから、
textbox2
図形テキストボックス(横書きor縦書き)をクリックするか、
textbox
②右のほうにあるテキストボックス横書きテキストボックスの描画または縦書きテキストボックスをクリックします。
textbox3
ボタンを押したら好きなとこでドラッグ&ドロップして、
textbox4
テキストボックスの初期配置及びサイズを決めます。
textbox5
好きな文字を入力し、
textbox6
テキストボックス外をどこかクリックすると完了です。

テキストボックスの編集

textbox9
テキストボックスをクリックすると、編集モードに入ることができます。
textbox10
文字は自由に編集できますし、基本的にセルの入力と同じ要領で書式が編集できます。ホームタブなどからフォント・サイズの変更文字色・背景色の設定縦書き←→横書きの切り替えも可能です。
textbox11
テキストボックスの上でダブルクリックor右クリックすることで、簡易的な書式ボックスを表示し、そこからフォントなどを変更することもできます。
textbox8
移動のみ図形と異なり、テキストボックスのふちを掴んで移動させる必要があります。

テキストボックスの削除

textbox13
削除する場合は、移動の時と同じように一度テキストボックスのふちをクリックして、それからDeleteを押します。
Excel(エクセル):入力、編集、修正、トラブルシューティング
Excelの入力操作全般Tipsです。入力とだけ言うと幅広過ぎるので、罫線とか小文字とか、ある程度まとまった情報があるものに関しては外のまとめとし、リンクを貼っています。 入力時にありがちなトラブルに関してもここで解説します。 入力操作...
Excel(エクセル):図形
Excelでは、図形という機能を使うことで四角形や丸、矢印などのオブジェクトをシート状に配置することができます。セルの形状を無視して配置できるので、フローチャートや装飾、注釈などアイデア次第でさまざまな用途に利用できます。 図形作成の基礎...

コメント