Excel(エクセル)で記号を入力する方法/記号と特殊文字他の使い方

IT

Excelで記号を入力する場合、「記号と特殊文字」という専用機能がありますので、基本はそれの使い方です。
ただ、文字変換で出せる記号も非常に多い(というかそのほうが多い)ので、そっちのやりかたのほうが重要度は高いような気もします。
なお、数式中で意味をなす記号もあり、「&」は文字の接続、「!」は別ブック参照、「$」は絶対参照、「*」、「?」はワイルドカードを意味します。
詳しい説明は各リンク先をご参照ください。

Advertisements

記号と特殊文字の使い方

kigo1
まずは挿入タブに移動し、
kigo2
右のほうにある記号と特殊文字をクリックします。
kigo3
ダイアログが開きます。ここから好きな文字を選ぶだけで、記号を入力できるというのが「記号と特殊文字」の機能となります。
kigo23
特殊文字タブに行くと、比較的使いそうな特殊文字が並んでいます。どちらにせよ探して選ぶだけです。
kigo4
目当ての記号を見付けたらクリックし、挿入を押すことで、
kigo5
現在選択中の箇所に記号が入力されます。
kigo6
直近使った記号は「最近使用した記号」に追加され、こちらから選ぶことも可能です。
kigo7
「種類」プルダウンからジャンルを選ぶことで、傾向を絞って探すことも可能です。
kigo8
対応している記号の場合、フォントを変更することもできます。これは入力後に変更してもOKです。

文字変換などで記号入力

kigo9
記号にはそれぞれ文字コードというものがあり、
kigo10
文字コードを大文字で打って変換することで、
kigo11
記号を入力することもできます。
kigo12
あるいは「きごう」と入力して変換したり、
kigo13
さんかく、ほし、1、えーなど、さまざまな文字が記号に変換可能です。
kigo14
好きな記号を選択して入力します。
「環境依存文字」表記は「他のPCだと文字化けするかもしれない」という意味ですが、現在は規格の統一が進んでいるので、あまり気にしなくていいそうです。
kigo15
あるいは辞書ツール(この場合Windowsのタスクバーにある「IMEパッド」を使用)を開き、
kigo16
任意の文字を見付けてクリックなどで入力しても、
kigo17
Excel上に反映することができます。ただここまでやるなら、ブラウザ上で探してコピペしたほうが早いかもしれません。

記号を辞書登録

kigo18
よく使う記号は文字変換で入力できるようにしておくと便利です。使っている辞書ツールを開き、
kigo20
編集辞書登録など規定の手順で、登録画面へ進みます。
kigo21
文字と読み方を入力し、登録します。
kigo22
これで、「れいわ」と打つと㋿が入力できるようになりました。このあたりの動線は使っているツールによって異なるので、それぞれのヘルプなどをご参照ください。
やりたいことから方法を探すエクセルExcel操作・関数・VBA(マクロ)逆引きまとめ
逆引き(やりたいことから探す)Excel記事まとめ

コメント