Excel(エクセル)改行の追加・削除方法まとめ/Alt+Enter他の使い方

writer IT

ひとつのセルの中で文章を書く場合、任意の箇所で改行したい場面、セルの中で自動で改行させたい場面も出てきます。そうした際に使える操作のまとめです。

Advertisements

セル内の任意の箇所で改行

kg1
Excelでは通常、セル幅より長い文章を書くと、このようにセルをはみ出して表示されます。
kg2
WordなどであればEnterで改行できますが、Excelでは下のセルに移動してしまいます。
セル内で改行するには、次のキー操作を行います。
改行する
Alt+Enter
(MacではCommand(またはControl)+Option+Enter
altenter
セルをダブルクリックして編集状態にし、改行したい個所に縦線を移動/範囲を指定します。
altenter2
Alt+Enterを押すことで文章が改行され、ポインタがセル内の下の行に移ります。
altenter3
ひとつのセル内で任意の位置で改行した文章を作ることができました。

数式バーで改行

kg8
数式バーで記述時もAlt+Enterで改行が可能ですが、通常数式バーには一行ずつしか表示されません。
kg9
キーの上下で表示する行を変更できますが、まあ見づらいと言えば見づらいです。
kg10
数式バーで全体を一覧したい場合、数式バーの下をドラッグすることでバーの高さを変更し、改行内容を全て表示することが可能です。
Advertisements

改行の削除

手打ちで改行の削除

kg11
ふつうの文字の削除と同じです。セルをダブルクリックして選択状態にし、方向キーやマウスで削除したい改行部分の(つまり行頭)に縦棒を合わせて、
kg12
BackSpaceで左の文字を削除すれば、改行が削除されます。
kg13
または改行部分の(つまり行末)に縦棒を合わせて、
kg14
Deleteを押しても削除できます。

置換で改行をまとめて削除

Alt+Enterで追加した改行は、置換機能を使って一括で削除することが可能です。

kg15
このようにたくさんの改行を削除する場合、ひとつひとつ手作業で行うといささか手間です。
kg16
ここはひとつ、改行を置換することで削除したいと思います。
まず特定のセルの改行だけを削除したい場合ですが、そのセルを選択し、
kg17
ホームタブ検索と置換置換とクリックするか、
置換
Ctrl+H
②ショートカットを入力します。
kg18
すると「検索と置換」ダイアログが「置換」タブにセットされた状態で開くので、「検索する文字列」を一度クリックで選択してCtrl+Jを押し、置換をクリックします。
Ctrl+Jは「置換」を意味するコード的なものです。入力しても「検索する文字列」には何も表示されません。
「置換後の文字列」には何も入力しないでOKです。
kg19
すると選択しているセル内の改行が全て削除され、他の改行があるセルが選択された状態になります。
kg20
この状態で再度置換を押すと選択中のセルの改行がすべて削除され、また次の改行があるセルに飛びます。
kg21
次にシート内の置換を全て一括で削除したい場合、選択しているセルはどこでもいいので同様の手順で「検索する文字列」Ctrl+Jを入力し、すべて置換をクリックします。
kg22
シート内の改行が全て削除されます。

Substitute関数で改行を削除

Substitute関数に「改行」を意味する文字コードを設定し、空白に変換することでも不要な改行を取り除くことが可能です。

指定した文字列を置換
Substitute(対象範囲,検索文字列,置換文字列,置換対象)
※置換対象は省略可能

Substitute関数を使うと、指定したセルの特定の文字を別の文字に置換することが可能です。
Char(10)というのは、Char関数で「改行」を意味する文字列を指定しています。

indention1
仮にこの三行の改行を削除する場合、
indention3
まずB1セルに=Substitute(A1,Char(10),””)と入力し、Enterを押します。
Char(10)(改行)を””(入力なし)に置換する、というような意味の式です。
indention4
作った式を下にオートフィルで延ばせば、ひととおり改行が削除されることが確認できます。
indention5
もし関数でなく文字列のデータに直したければ、さらに値のみ貼り付けを行って文字列のデータに直します。

Clean関数で改行を削除

改行・制御文字を削除
Clean(対象)
kg26
Clean関数を使っても、対象の改行を削除することができます。
kg27
Clean関数を使うと制御文字(他アプリからデータを読み込んだ場合などにできる印刷できない文字)がひととおり削除されるので、消したくない場合はSubstitute関数を使います。
Excelエクセルでセルの中の改行・印刷不可文字を取り除く/Clean関数の使い方
別データベースでは改行表示してたけど今回の資料ではコンパクトにまとめる必要がある、そういった場合に役立つのがClean関数です。
Advertisements

セルの端で自動で折り返し、文章全体を表示する

手打ちで改行する以外にも、折り返しをする設定にしておくことでひとつのセル内で全ての文字を表示することが可能です。
折り返した上で気になる部分のみ任意の箇所で改行し直す、といった合わせ技も使えます。

ork1
文字を入力したはいいですが長過ぎて、隣のセルの文字に隠されてしまいました。
ork10
文字を改行してすべての内容を表示するには、ふたつ方法があります。
①対象のセルを選択し、ホームタブ「折り返して全体を表示する」ボタンをクリックします。
※Excel2007以降で使用可能
ork2
※Excelのウィンドウサイズが小さい時はアイコン表示になります。
kg3
または②折り返したいセルの上で右クリックセルの書式設定をクリックし、
kg4
「折り返して全体を表示する」にチェックを付けてOKを押します。
ork3
文字が折り返され、行高も自動で設定されました。
ork4
複数セルにまとめて設定したり、あらかじめ入力前に設定しておくことも可能です。

折り返しを解除する

kg5
折り返しの設定と同じ動線をもう一度たどればOKです。
解除したいセルを選択した状態で「折り返して全体を表示する」ボタンを押すか、
kg6
セルの書式設定「折り返して全体を表示する」のチェックを外してOKを押します。
kg7
元の状態に戻りました。

折り返し+Char関数で文字列を改行接続

kg23
上でちらっと触れたChar関数を使って、A1セルとB1セルを改行して接続、といったことができます。ひとつずつ手打ちする必要がなく、かつ指定箇所で改行ができ、A1とB1の内容をいくら変更しても改行が維持されるのが強みです。
=A1&Char(10)&B1のように入力します。
kg24
オートフィルで上の式を下に伸ばし、適用したい全体を選択します。
Char(10)を間に挟んだだけだと改行されないのですが、
kg25
ホームタブ「折り返して全体を表示する」をクリックすると、Char(10)を挿入した箇所で改行することができます。

折り返し設定後の行の高さについて

ork5
行の高さは折り返した文章の中で一番長いものに自動調整されるので、場合によってはバランスを崩してしまうかもしれません。
ork6
そういった場合は行番号の下や列番号の右にカーソルを合わせてドラッグすることで……。
ork7
高さや幅を任意に調節することができますし、折り返した文字の一部を隠すことも可能です。
ork8
もし再度高さ・幅を折り返した文字に合わせたい場合は、ホームタブ→書式→「行の高さ(列の幅)の自動調整」をクリックします。
ork9
行の高さが自動で調整されました。

なお、行・列の幅は数値で指定することも可能です。

Advertisements

改行した部分で分割し、別のセルに分ける

kg28
Ctrl+Jで改行を置換するワザを使うと、改行した文章を別々のセルに展開することも可能です。
kg29
まずCtrl+Hなどで置換ダイアログを開き、削除の時と同様に「検索する文字列」Ctrl+Jを押し(何も表示されません)、「置換後の文字列」には ,(カンマ)を入力します。
,はすでに使っているとかであれば、半角スペースなどでもOKです。
kg30
分割したいセルを選択し、データタブ区切り位置をクリックします。
kg31
区切り位置指定ウィザードが開くので、「カンマやタブなどの区切り文字によってフィールドごとに区切られたデータ」にチェックを付けて次へをクリックします。
kg32
「カンマ」にチェックを付けて次へを押します。スペースで区切ったなら「スペース」にチェックを付けます。
kg33
「G/標準」にチェックが付いた状態で完了を押します。
kg34
元は改行していた部分が分割され、みっつのセルに展開されました。

「区切り位置」機能については、下記の記事でも解説しています。

Excel(エクセル)でひとつのセルの氏名(文字列)を名字と名前に分ける方法/区切り位置の使い方
元からスペースなどで区切ってあることを条件にしますが、Excelではひとつのセルの文字列をふたつ以上のセルに分割する(区切る)機能が備えられています。知っていると、これを前提にしたデータ入力をすることが視野に入るかと思います。

よろしければ併せてご参照ください。

Excel(エクセル)で使える時短ショートカット集
Excelでよく使う(あるいは人によっては役にたつ)ショートカットを集めてみました。
やりたいことから方法を探すエクセルExcel操作・関数・VBA(マクロ)逆引きまとめ
逆引き(やりたいことから探す)Excel記事まとめ

コメント