Excel(エクセル)の大文字・小文字・全角・半角関連操作まとめ

hands-writting IT

Excelで全角/半角/大文字/小文字を切り替えたり変換したりの操作まとめです。

Advertisements

半角/全角/日本語/かな/ローマ字入力の切り替え

hankaku1
これはExcelというよりPC操作なので、機種/OSで異なるんですが、とりあえず一般的なWindowsの場合で書きます。
hankaku2
半角/全角を押すと、日本語/英語入力が切り替わります。
また、Alt+カタカナ/ひらがなを押すと、かな/ローマ字入力を切り替えられます。
hankaku3
文字入力後変換待ち中にF7で全角カタカナに変換可能です。
F6だとひらがなになります。
hankaku4
F8で半角カタカナにすることもできます。
hankaku5
もちろんSpaceで普通に変換することもできます。
既に変換確定済の文字列も、文字列選択→変換で再度変換選択することが可能です。また、無変換で変換前(ひらがな等)に戻すことができます。
hankaku6
右下にあるIMEパッドなどの文字入力ツールでも、各種入力文字の切り替えができます。アイコンをクリックして日本語/英語入力を切り替えたり、
hankaku7
アイコンを右クリックして入力方法を選択することができます。

入力方法の固定

入力時にアルファベットや全角ひらがなしか打てなくしたい場合は、データの入力規則を設定しておくと他の設定で入力できなくすることができます。

Excelでセルを選択した時に、自動的にひらがなやカタカナ、半角英数字が入力できるようにする方法/データの入力規則(日本語入力)の使い方
定期的に使うフォームや人に回すデータで、名前ならひらがな入力、電話番号なら半角英数字などが自動的に切り替わるようにするにはどうすればいいでしょう?

ローマ字/アルファベット

関数でローマ字を大文字・小文字に統一

既に入力済のローマ字・アルファベットに対し、Upper関数またはLower関数を噛ませると、大文字/小文字で統一することができます。

Excel(エクセル)でローマ字の表記揺れを大文字・小文字に統一する方法/Upper・Lower関数の使い方
Excelでローマ字を入力すると、各人の癖で表記が統一されないことがあります。それを解決するひとつの方法が、関数を使って大文字・小文字を変換してしまうことです。

Proper関数を使った場合は、各単語ごとに一文字目が大文字、二文字目以降が小文字で統一されます。

Excel(エクセル)でローマ字・英単語の先頭の文字だけ大文字にする方法/Proper関数の使い方
主に英文などに使うための関数です。全て小文字で書かれた文章でも、単語の頭の文字だけを大文字にし、それ以降の文字を小文字に統一することができます。

全角/半角

関数で全角・半角を統一

対象の文字列を半角・全角に統一するには、それぞれAsc関数Jis関数を用います。

Excelエクセルで文字列を全角文字・半角文字に変換する方法/Jis・Asc関数の使い方
全角や半角で書かれた文字を、まとめてどちらかに変換するJis/Asc関数のご紹介です。
やりたいことから方法を探すエクセルExcel操作・関数・VBA(マクロ)逆引きまとめ
逆引き(やりたいことから探す)Excel記事まとめ

コメント