Pythonでリスト内の項目、変数を削除する方法/popメソッドの使い方

window IT

popメソッドを使うことで、リスト内の項目を削除することができます。

スポンサーリンク

popメソッド

python pop1
こんなようなリストがあるものとします。
#python
変数 = ["a","b","c"]
変数.pop()
print(変数)
作成したリストにpop()を付けて実行すると、
python pop2
リスト最後尾の項目が削除されます。
#python
変数 = ["a","b","c"]
最後尾の変数 = 変数.pop()
print(最後尾の変数)
print(変数)
pop()を使った時に他の変数に同時に代入すると、
python pop3
削除した項目が何かを取得することも可能です。

インデックスで削除する変数を指定

#python
変数 = ["a","b","c"]
最後尾の変数 = 変数.pop(1)
print(最後尾の変数)
print(変数)
リスト最後尾以外の項目を削除したい場合、popメソッドの引数に削除したい項目のインデックスを指定します。
インデックスは0から数えるので、1ならリスト内の2番目の項目となります。
python pop4
実行結果です。
Python操作方法、関数・メソッドリファレンス
なかなか落ち着いて勉強する時間がとれずにいますが、自分を追い込む意味もこめてPythonまとめページです。 そのうち多分きっと充実してくることでしょう……。 初期準備、基本概念 ダウンロード、インストール、起動 ShellとEdit...

コメント