Excel(エクセル)で特定期間内の日付のセルに書式を設定する方法/条件付き書式(セルの強調表示ルール)の使い方

calendar IT

条件付き書式セルの強調表示ルールを使うことで、今日とか昨日とか来週とか、特定の日付だけに指定した書式を適用して強調することが可能です。

Advertisements

条件付き書式(セルの強調表示ルール)の使い方

certainday1
ざっとひと月分の日付を用意しました。
certainday2
これをすべて選択し、
certainday3
ホームタブ中央の条件付き書式セルの強調表示ルール日付をクリックします。
certainday4
日付ダイアログが表示され、デフォルトで「昨日」が赤文字赤背景で強調されていることがわかります。
まだ編集中なので、強調表示は確定されていません。
certainday5
プルダウンから、今日から見てどの範囲を強調するかを選択します。週は日曜~土曜で一巡です。
certainday6
さらにどういった書式で強調するかを選択します。
certainday7
もし自分で強調する書式を作成したい場合は、プルダウン最下部のユーザー設定の書式をクリックし、フォントや太字や斜体、背景色などを指定してOKを押します。
certainday8
もう一度OKを押せば、
certainday9
指定した範囲に条件付き書式が設定されます。PC内時間を参照し、今日の日付が変われば自動で強調される範囲も変わっていきます。

条件付き書式の解除

certainday10
強調表示を設定した範囲を選択し、条件付き書式ルールのクリア選択したセルからルールをクリアをクリックします。
もしシート内の条件付き書式をすべて解除したいなら、何も選択せずシート全体からルールをクリアをクリックします。
certainday11
指定した条件付き書式が解除されます。
Excel(エクセル):日付、時間、曜日、シリアル値
Excelの時間関連操作、設定、関数などまとめです。 セルの表示設定 基本 日付をセルに入力したい場合、m/dあるいはm-dの形式で入力すれば、 自動で入力した年のその日付になります。年号も指定したい場合は、yyyy...

コメント