Illustrator(イラレ)で画像を取り込み、オブジェクトに変換する方法/配置、画像トレースの使い方と精度のちがい

cat IT

ここではイラレ内に画像を取り込み、オブジェクトに変換するライブトレース機能を適用するまでおよびパス変換までを解説しています。
ひらたく言うとイラレに外部画像を取り込んで編集できるようにするまでのやりかたです。

Advertisements

配置の使い方

haichi1
まずはファイルメニューから「配置」をクリックします。
haichi2
画像を置いてあるディレクトリに移動し、任意の画像を選びます。
haichi3
アイコンに画像がくっつくので、任意の場所でクリックすると元サイズの画像が取り込まれます。
haichi4
とりあえず画面に合わせて縮小します。縮尺を維持したままサイズ変更する場合、Shiftを押しながら画像の斜め隅をつまんでスライドさせると楽です。

画像トレースの使い方と種類

haichi5
次は取りこんだ画像をイラレ用のオブジェクトに変換します。オブジェクトはベクターデータなので、ファイルのサイズを変更してもキワがぼやけたりしなくなります。
画像を選択した状態で、右にある「画像トレース」ボタンをクリックします。
haichi6
すると「どの程度の精度で変換するか」がプルダウンで表示されます。このトレースの精度を選んでリアルタイムで変換しつつ確認できる機能をライブトレースといいます。
haichi7
defoth
デフォルトだとシンプルな白黒画像に変換されます。この状態からカスタムして効果を変更していくこともできます。
haichi8
highoth
写真(高精度)の場合、かなり元の画像に近いものができあがります。アップしていくとベクターデータの集合体であることがわかりますが、遠目には写真と見分けがつきません。
haichi9
low
写真(低精度)の場合、高精度に比べるとやはり少し画質は粗くなりますが、少ない処理で変換することができますし、これはこれで絵のような効果が出ています。
haichi10
3oth
三色変換の場合、画像が三色で表現されます。猫のほうはマイルドな印象になっていますが、ものによってはかなりわけのわからない写真に変換されます。
haichi11
6oth
こちらは六色変換です。三色よりはマシですが、普通のカラーだとちょっときついです。
haichi12
16oth
十六色変換の場合、モノクロでは写真(低精度)とあまり見栄えが変わりませんが、色数が多くなるとやはり差が見えます。
haichi13
goth
グレーの色合いは文字通り、写真をモノクロに変換します。画質は割といいです。
haichi14
bfoth
白黒のロゴでは、デフォルト同様色が白と黒にハッキリと分割されます。
haichi15
skoth
スケッチアートも白黒のロゴと似たような効果です。
haichi16
sloth
シルエットはこのように、かなり暗めに全体を白黒に分けます。
haichi17
lnoth
ラインアートでは謎の技術により絵を線の集合体に変質します。
haichi18
zmoth
図面ではラインアートより少し線量が多くなります。

ライブトレースはいちいちひとつ前に戻さなくても、トレースオブジェクトの状態であれば何度でも変更して確認することができます(たとえばグレー→16色と変更しても、元の画像の設定が生きているので色が復活する)。

トレースオブジェクトをパスに変換する方法

トレースオブジェクトをパスに変更すると、ライブトレースを行うことはできなくなります。変更前に元の画像やトレースされただけの画像を保存しておくと安心です。

haichi19
メニューパネルにある「拡張」をクリックします。
haichi20
画像がパスに変更されます。

画像はすべてグループ化されているので、グループ可の解除をする、あるいはダイレクト選択ツールを使うなどで画像を編集することができます。

コメント