Excel(エクセル)グラフで線やグラフの上に数値などを表示する方法/データラベルの使い方

IT

データラベルは、ちょうどラベルを貼るようにグラフ内に数値などを表示する機能です。
特定のデータにだけデータラベルを表示する方法についても解説します。

スポンサーリンク

成果物

datalabel12
特定のグラフに、値や系列を示すデータラベルを表示して強調します。

データラベルの設定

datalabel1
データラベルを表示したいグラフをクリックしてデザインタブをクリックします。
datalabel2
グラフ要素を追加データラベル→データラベルを表示する位置を指定します。
datalabel3
たとえば中央だとこう、
datalabel4
だとこう、
datalabel5
データ吹き出しだとこうなります。

移動、拡大

ss1
図形とかと同じ要領で、拡大縮小したり、
ss2
移動することが可能です。

データごとの設定、解除

datalabel15
グラフ上の特定の系列を選んだ状態でデータラベルを設定すれば、その系列にだけデータラベルを表示することができます。
datalabel14
または全体に設定した後、グラフ上の特定の系列を選んだ状態で、データラベルなしを選ぶことにより、
datalabel12
任意の系列のデータラベルを解除することができます。
dt
系列の中の一部をクリックして、特定の日付など各データにだけちがうラベルを表示させることも可能です。

ラベルオプション

datalabel6
その他のデータラベルオプションを選択すると、
datalabel7
ラベルの内容などをもう少し細かく設定できるデータラベルの書式設定ラベルオプションが開きます。
datalabel9
たとえば系列名を追加すると、
datalabel10
このようにデータの系列名がグラフ上に表示されます。

ラベルオプション(ラベルの内容)の設定項目

label1
セルの値では、特定のセルの表示内容をラベル上に表示できます。
参照範囲を訊かれるので、
label2
参照するセルをクリックしてOKを押すと、
label3
一番左に参照したセルの内容が表示されます。選択したセルの内容が左から順に割り当てられていくので、。
label16
範囲指定することで、それぞれのラベルに任意の内容を表示することも可能です(空白セルの場合頭に,だけが付きますが、「区切り文字」でスペースを選べば消すことができます)。

※参照ではなく直接ラベルに文字を入力したい場合は、後述するラベルテキストを参照してください。

label4
系列名では、
label5
表示している値の所属する系列、
label6
分類名では、
label7
所属する分類が表示されます。分類はグラフの各項目に対応する変化する項目、系列は一貫する軸となります。
label8
は解説の必要もないと思いますが、
label9
各項目の値を意味します。
label10
引き出し線を表示するにチェックを付けると、
label11
データラベルとデータを引きはがした時に、補助線が表示されるようになります。
label12
OFFの場合はこんな感じ。必要そうなら設定してください。
label13
凡例マーカーをONにすると、
label14
データの横に「どの線なのか」を意味する凡例が表示されるようになります。
dtlabel1
区切り文字では、データラベルに表示している項目と項目の間を何で区切るかを指定できます。
dtlabel2
改行だとこんな感じです。

ラベルテキスト

dtlabel5
データラベルの個別のデータを選択した状態からさらにクリックすると、
dtlabel6
個別のデータの内容を直接書きこむことができます(ラベルテキスト)。
dtlabel4
ラベルテキストは、ラベルオプションにあるラベルテキストのリセットを押すことで一括削除することが可能です。
やりたいことから方法を探すエクセルExcel操作・関数・VBA(マクロ)逆引きまとめ
逆引き(やりたいことから探す)Excel記事まとめ

コメント