Excel(エクセル)で偶数か奇数かでTrue、Falseを返す方法/Iseven、Isodd関数の使い方

secrets IT

偶数、奇数の場合にそれぞれTrueないしはFalseを返すIseven、Isodd関数の使い方です。

Advertisements

Iseven、Isodd関数

偶数の場合にTrueを返す
Iseven(対象)

奇数の場合にTrueを返す
Isodd(対象)

iseven1
Iseven関数では、引数に指定した値が偶数かどうかを判別できます。
この場合A2の値は1なので、奇数です。
iseven2
従ってFalseが返されます。
オートフィルで下まで伸ばすと、偶数ではTrue、奇数ではFalseが返ることが確認できます。
iseven3
Isodd関数はIseven関数の逆で、引数に指定した値が奇数の時にTrue、偶数の時にFalseを返します。
iseven4
Isevenと真逆の結果になることが確認できます。
iseven5
If関数に組み込む場合は、=IF(ISEVEN(A2),”偶数”,”奇数”)のようになります。
If関数はTrueかFalseかで分岐するので、Iseven/Isodd関数の戻り値がそのまま分岐条件になります。
やりたいことから方法を探すエクセルExcel操作・関数・VBA(マクロ)逆引きまとめ
逆引き(やりたいことから探す)Excel記事まとめ
関数・演算子・メソッド・プロパティ名から探すExcel/VBA(マクロ)使い方・組み合わせ方まとめ
こちらはExcelやメソッドの諸機能を、機能の名称から探せるまとめ記事です。

コメント