仮想通貨用語:2要素認証(2FA)とは

finger IT

2要素認証(2FA)とは、一般的なパスワードだけでなく、他の確認方法も使ったより堅牢な個人確認方法となります。仮想通貨以外でも使われる用語です。
2段階認証といった場合も同じ意味です。2FAはTwo-Factor Authenticationの略となります。

スポンサーリンク

2要素認証(2FA)とは

言葉的には含まれない定義ですが、3つの要素のうちふたつを満たす確認方法と説明されます。
すなわち、「本人だけが持っているもの」「本人だけが知っているもの」「本人だけが持つ特徴」です。

本人だけが持っているもの

例えば、携帯電話です。ログイン時に携帯にPINコードを送り入力させることで、仮にメインパスワードがハッキングされていても他の人間にはログインできなくなります。
あるいはUSBカードを使ったり、IDカードを使うような認証方法もあります。

本人だけが知っているもの

主にパスワードですが、いわゆる秘密の質問もこれに含まれます。子供の頃に住んでいた街とか、最初のペットの名前とかそういうやつです。

本人だけが持つ特徴

指紋、虹彩、声質などの身体情報のことです。仮想通貨が指定する2FAでこれはあんまないでしょうが、IphoneにPINを送っていれば実質的にこれも使っていることになるかもしれません。

バイナンスなどのCEXに登録すると、基本ログインのたびにこの2FAが求められます。2FA専門のソフト(google authenticator)を指定されることも多いため、仮想通貨に触ると自然と2FAにも触れる機会が出てきます。

仮想通貨・クリプト・Defi・Dex・投資等関連記事一覧
クリプト・投資・経済関連用語 2FA AMA ATH CPI Degen FOMC FOMO FR FUD Gwei IDO IEO LFG WAGMI(WGMI) wei WP アルトコイン エアドロッ...

コメント