Excel(エクセル):検索、置換

philatelist IT

検索・置換関連の操作、関数、VBAまとめです。

Advertisements

検索・置換操作

検索の基本

lookfor1
検索をするには、ホームタブの右端あたりにある、
lookfor2
検索と選択から検索をクリックします。
検索画面を起動
Ctrl+F
またはショートカットからも入れます。
lookfor3
検索と置換ウィンドウが開くので、検索したい文字列を入力します。
lookfor4
この状態で次を検索をクリックするたびに、
lookfor5
今いるシート内で検索条件(この場合「藤」)を含むセルが順番に選択されていきます。
一番下まで行ったら、また一番上に戻ります。

置換の基本

lookfor6
置換に入るには、①検索と置換ウィンドウ置換タブをクリックする、②ホームタブ検索と選択置換をクリックする、
検索画面を起動
Ctrl+H
③ショートカットで起動する、といった方法があります。
lookfor7
置換では検索する文字列置換後の文字列を設定し、検索して見付けた文字を別の文字に差し替えることができます。
ここでは「〇」を検索し、「✓」に変換しています。
lookfor8
置換を押すとひとつずつ、
lookfor9
すべて置換を押すと、検索して見付けた対象をすべてまとめて置換します。
lookfor10
文字列の一部だけ置換することもできます。

ブック内を検索/置換

kensaku6
シート内だけでなく、ブック内の他のシートも検索/置換したい場合は、オプション「検索場所」ブックに変更します。
kensaku7
この状態で検索や置換を実行すると、他のシートの検索条件に該当する文字にも干渉できるようになります。

追加知識

関数

検索条件を見付け、その横にある関連項目を表示するには、VlookUp関数を使います。
たとえば型番を検索し、その商品名称を表示する、といったことができます。

VBA/マクロ

やりたいことから方法を探すエクセルExcel操作・関数・VBA(マクロ)逆引きまとめ
逆引き(やりたいことから探す)Excel記事まとめ
関数・演算子・メソッド・プロパティ名から探すExcel/VBA(マクロ)使い方・組み合わせ方まとめ
こちらはExcelやメソッドの諸機能を、機能の名称から探せるまとめ記事です。

コメント