Excel(エクセル)で母集団の中央値を表示する方法/Median関数の使い方

stones IT

中央値(メジアン)を表示するMedian関数の解説です。中央値は平均ではなく、3個の数値があったら上から二番目に大きい数値が中央値、5個の数値があったら上から三番目に大きい数値が中央値となります。6個の数値がある場合、三番目と四番目の平均が中央値となります。

Advertisements

Median関数の使い方

中央値の算出は下記のように記述します。

中央値の算出
=median(範囲)
med1
適当に数値を設定し、=MEDIAN(A1:A5)A1~A5中央値を表示)と関数を入力します。
med2
5つの数値の中央値である3が表示されました。
med3
数値をひとつ増やして、6つの数値の中央値を求めてみます。
med4
500.5(3+998の平均)が表示されました。
med5
並び順は関係なく、数値の大きさ順で算出されます。

中央値の算出については以上です。

やりたいことから方法を探すエクセルExcel操作・関数・VBA(マクロ)逆引きまとめ
逆引き(やりたいことから探す)Excel記事まとめ
関数・演算子・メソッド・プロパティ名から探すExcel/VBA(マクロ)使い方・組み合わせ方まとめ
こちらはExcelやメソッドの諸機能を、機能の名称から探せるまとめ記事です。

コメント