Excel(エクセル)で時・分・秒から時刻を求める方法/Time関数の使い方

business IT

時間、分、秒をそれぞれ指定することにより、時刻を表示することができるTime関数の紹介です。
参照先にはそれぞれ個別のセルを指定することもできます。

Advertisements

Time関数の使い方

時・分・秒から時刻を求める
Time(時,分,秒)
time1
=Timeと入力すると、ガイドが表示されます。
time2
時間、分、秒をそれぞれ指定します。
今回は直接指定していますが、セルにそれぞれ時間を指定しておき、=Time(A1,B1,C1)のように記述することもできます。
time3
入力された数字をもとに時間が算出されました。
time4
表示形式を変えたい場合は、セルの書式設定で任意の日付設定を選択します。

同様に、別々の数値から日付を作るDate関数というのもあります。
また、時間から時、分、秒を取りだす場合は、それぞれHour関数、Minute関数、Second関数を用います。

やりたいことから方法を探すエクセルExcel操作・関数・VBA(マクロ)逆引きまとめ
逆引き(やりたいことから探す)Excel記事まとめ
関数・演算子・メソッド・プロパティ名から探すExcel/VBA(マクロ)使い方・組み合わせ方まとめ
こちらはExcelやメソッドの諸機能を、機能の名称から探せるまとめ記事です。

コメント